性能向上で雪道で頼れる安心感!「アイスガード」が選ばれ続ける理由

高い評価を得ているヨコハマの定番ブランド「アイスガード」に待望の最新作がデビュー。前作のアイスガード6が高い評価を得ていただけに、どこがどう向上したのか、気になるところだ。

●文:川島茂夫 ●まとめ:月刊自家用車編集部  ●外部リンク:横浜ゴム株式会社

氷に雪にさらに効く!しかも性能長持ち

厳冬期降雪地域の路面は天候や交通状況で千変万化。朝昼晩でまったく異なる様相となるのも稀ではない。走行性能基準で最も危険な状況はアイスバーンであり、氷上性能を高めるのは大切だが、路面状況の変化で性能や特性に大きな影響が出るのは困りもの。冬タイヤは安全面を考慮して慎重に選びたい。

ヨコハマのアイスガードセブンはスタッドレスで最も重視される氷上性能を向上させながら、圧雪やシャーベットなど、様々な路面での性能向上を図っている。氷上性能向上ではシリカ配合のウルトラ吸水ゴム、マイクロエッジスティックなどにより、従来比で氷上制動性能を14%向上させている。

加えて雪上性能も向上。その最も分かりやすい設計要点がトレッドパターンだ。一般的に除水&引っ掻き効果重視の氷上と雪柱剪断力重視の雪上は背反要素となるが、アイスガードセブンは氷上に効く溝やサイプのエッジ量増加とブロック剛性向上や、雪上に効くジグザグのグルーブ等により、氷雪上両面で効果的なパターンとした。また、非対称パターンにより加減速と旋回時のグリップバランスを整え、全方向での安定したグリップ性能の実現も図っている。路面状況の変化にも信頼性の高い設計だ。

しかも、摩耗断面積変化の少ないサイプやゴムの柔軟性を維持するオレンジオイルS配合など、摩耗や経年変化での氷雪上性能の低下を抑止する技術も盛り込まれている。安心性能が長く持続するのもアイスガードセブンの魅力である。


新開発!専用トレッドパターン

専用トレッドパターン|滑らない|接地面積

内側に幅広リブ、中央に縦長のベルトブロックを配置することで、氷上の発進/制動時に確実に接地。外側の大型ブロックが互いに支え合うことで、コーナリング時にもブロックが倒れ込まず路面に密着する。 [写真タップで拡大]

専用トレッドパターン|滑らない|接地面積|エッジ

エッジ量の大幅な増加で雪上性能が向上。傾きの角度が異なる複数の横溝を内側に配置し、雪上の発進/制動時にしっかりグリップ。中央と外側のジグザグの横溝は、雪上コーナリングでのグリップ増大と排雪に貢献する。 [写真タップで拡大]

新開発!専用コンパウンド「ウルトラ吸水ゴム」

コンパウンド|ウルトラ吸水ゴム

実績のある新マイクロ吸水バルーンに新採用の吸水スーパーゲルを加え、瞬時に吸水。ホワイトポリマーⅡとシリカの相乗効果でしなやかに氷に密着し、マイクロエッジスティックが氷や雪に高いエッジ効果を発揮する。オレンジオイルSの劣化抑制効果でゴムのしなやかさが維持される。 [写真タップで拡大]


■クワトロピラミッド グロウンサイプ

クワトロピラミッド|サイプ|エッジ効果
クワトロピラミッド|グロウンサイプ|

深い位置までサイプを太くすることで、摩耗時におけるエッジ効果をキープし、氷上性能の維持に貢献する。 [写真タップで拡大]


■ダブルエッジマイクログルーブ

ダブルエッジマイクログルーブ

[写真タップで拡大]

ブロック中央部では溝の傾斜をサイプの傾斜と交差させて横方向のエッジ効果を向上。エッジ部ではサイプの傾斜と同方向に配置して氷上の水膜を効率よく排水する。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

月刊自家用車WEB