2つのカメラ映像を合成した超広角映像がウリ、赤外線LEDで夜間映像も問題なしだ【セルスター CD-30】

▲高級感のある落ち着いたデザイン。本体サイズはやや大きいが高さを抑えている。

【CELLSTAR】
CD-30
価格:オープン(実勢価格:5万5000円前後)

●文/写真:浜先秀彰 ●まとめ:月刊自家用車編集部

独自の3カメラスタイル、ゆがみが少ない見やすい映像

本体前面と背面にはそれぞれ水平188.6°の画角を持つ超広角カメラが搭載され、2つのカメラの映像を合成することで水平360°の映像を作り出す。これにより超広角ながらゆがみが少なく鮮明な映像記録が可能だ。しかも全カメラにSTARVIS IMX307を採用した「ナイトクリアVer.2」を備え、夜間でも明るく鮮明な映像を捉えられる。室内カメラの周囲には赤外線LEDも備えている。

本体搭載カメラは車両前方、側方、車内をカバーし、別体のリヤカメラは車両後方をカバー。衝突事故だけでなくあおり運転や暴漢の乗り込みなど、さまざまなトラブルの状況記録が行える。別売の常時電源コードを接続すれば車上荒らしやイタズラなどにも対応。

▼外観&機能

ディスプレイ

背面には室内カメラと1.44インチディスプレイを搭載する。GPSアンテナはブラケットに内蔵。 [写真タップで拡大]

リヤカメラ

リヤカメラはコンパクトサイズのため、ルームミラーに映り込んでも視界を妨げない。 [写真タップで拡大]

赤外線LED

室内カメラの周囲には4つの赤外線LEDライトが装備されている。暗闇で効果を発揮する。 [写真タップで拡大]

操作キー

本体右側の操作キーと小さいながらも見やすい画面で各種の設定を行える。慣れれば扱いやすい。 [写真タップで拡大]

▼記録映像

【日中】

専用ビューワーソフト

パソコン向け専用ビュワーソフトでは3つのカメラの映像とともに走行データが見られる。 [写真タップで拡大]

ビュワー

広いエリアが撮影できるうえに鮮明。ビュワー上ではこのように側方まで見渡せる。 [写真タップで拡大]

【夜間】

夜間|赤外線LED

ナイトクリアVer.2や赤外線LEDによって夜間も明るく鮮明な映像記録ができる。 [写真タップで拡大]

夜間|赤外線

夜間でも車外、車内のどちらも視認性抜群だ。赤外線LEDの照射エリアはモノクロとなる。 [写真タップで拡大]

GPSお知らせ機能

GPSおしらせ機能は収録されたデータに基づいて運転に注意する場所を表示と音で案内。 [写真タップで拡大]

背面ディスプレイ

背面ディスプレイでは記録映像の再生も行える。上半分は車両前方、下半分は室内だ。 [写真タップで拡大]

SPEC
●GPS:搭載 ●Gセンサー:搭載 ●最大記録解像度 :フロントカメラ・室内カメラ・リヤカメラ 1920×1080 ●最大記録画角:フロントカメラ・室内カメラ 水平188.6°/垂直102. 8°/対角190°、リヤカメラ 水平117. 2°/垂直62. 2°/対角141.2°


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報