【2022ニューモデル最前線】ダイハツ ムーブ、待望のハイブリッド車の導入で追撃開始か!?

※写真は現行型

●文/まとめ:月刊自家用車編集部

デビューは2022年3月か?

ダイハツ車は、DNGAプラットフォームの切り替えを進めている最中だが、2022年春に軽自動車の主力モデル「ムーヴ」がフルモデルチェンジされる模様だ。新型は先にフルモデルチェンジが実施されたモデルと同様に、軽量高剛性シャシーや新世代スマートアシストが採用されることで、基本性能の大きな底上げが期待できるだろう。

そして見逃せないのはパワートレーンの進化だ。現行型はNA&ターボ車という設定だったが、新型は2021年末にロッキーに採用されたシリーズハイブリッド「e-SMART HYBRID」の搭載グレードが設定される可能性が高い。e-SMART HYBRIDはエンジンで発電した電気でモーターを動かすが、新型ムーヴでは軽クラスに最適化されたシステムを搭載。ロッキー用に比べると、モーター出力は抑えめな仕様になるが、それでもモーター駆動の強みを活かしたパワフルな走りが期待できる。動力性能と燃費性能を巧みに両立するハイブリッド車の投入で、軽ハイトワゴンの盟主の奪還を狙っていくことになる。

e-SMART HYBRID

ムーヴに搭載されるe-SMART HYBRIDは、軽自動車規格に合わせて660cc以下のエンジンが組み合わされるはずだ。ロッキーの1.2ℓエンジンよりも発電能力が低くなるため、モーター出力は低くなる可能性が高いが、電動ならではの爽快な走りは十分楽しめるだろう。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報