車内も車外も映像を残したい…、業界初のリヤデュアルカメラなら可能!?

▲本体はシンプルなデザイン。コンパクトサイズで取り付けやすく、視界も妨げにくい。

【Yupiteru】
Y-3000
価格:オープン(実勢価格:4万7000円前後)

●文/写真:浜先秀彰 ●まとめ:月刊自家用車編集部

リヤに搭載したデュアルカメラが、前席、後席、側方までカバー

フロントカメラ内蔵の本体にリアデュアルカメラを組み合わせた独特のスタイル。リアデュアルカメラは車両後方向きカメラと室内向きカメラを搭載した業界初のユニットだ。

特筆すべきは室内向きカメラの優位性で、ラゲッジから前方を見渡すような視点の映像は前席、後席左右の窓から側方がとてもよく見える。これならば左右方向から飛び出すクルマや人もしっかりと撮影でき、割込みや幅寄せなど迷惑運転の状況も余さず捉える。当然ながら暴漢の乗り込みもカバーでき、オプション追加で車上荒らしなども撮影が可能。

すべてのカメラはフルHD画質で、超高感度なSTARVISセンサーも採用。後方車両の異常接近を警告、自動録画する機能も備えている。

商品外観

2インチディスプレイ

本体背面に2インチディスプレイを搭載。ボールジョイントで自由に角度調整ができる。 [写真タップで拡大]

リアデュアルカメラ

デュアルカメラは円筒形の個性的なルックス。前面には「Yupiteru」のロゴが入る。 [写真タップで拡大]

リアデュアルカメラ|室内

室内側からリアデュアルカメラを見るとこのような感じ。手動で角度調整が行える。 [写真タップで拡大]

操作キー

ディスプレイの右側には4つの操作キーを備えている。メニュー表示も読み取りやすい。 [写真タップで拡大]

ディスプレイ

撮影中の映像はディスプレイ上で確認できる。3つのカメラの映像を同時に表示可能だ。 [写真タップで拡大]

カメラ映像(日中)

室内カメラ映像

【室内】
周囲がよく見える。乗員の顔は見えにくくプライバシーを保護。 [写真タップで拡大]

フロントカメラ映像

【フロント】
クラストップレベルの画質を持つうえ、広い範囲を捉える。 [写真タップで拡大]

リヤ

【リヤ】
広角レンズで撮影エリアが広く、色付きガラス越しでも明るい。 [写真タップで拡大]

カメラ映像(夜間)

室内カメラ

【室内】
車内は見えにくくなるが、側方の状況はとてもよくわかる。 [写真タップで拡大]

フロントカメラ

【フロント】
ヘッドライトの光が当たらない部分まで明るく鮮明だ。 [写真タップで拡大]

リヤ

【リヤ】
フロントカメラ映像にそん色ないほど状況を明るく捉える。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報