【Modulo Nakajima Racing】GT500クラス参戦マシンのカラーリングを発表

●文/まとめ:月刊自家用車編集部


2022年Modulo SUPER GT 参戦マシンのカラーリングを公開

ホンダアクセスがタイトルスポンサーとしてサポートを行う、GT500クラスに参戦する「Modulo Nakajima Racing」の2022年マシンカラーリングが公開された。

参戦マシンModulo NSX-GT<#64>のカラーリングデザインは、ホンダアクセスのデザイナーが担当。 2018年からスタートしたModuloのレースカラーである黒・赤・白を基調に、レース中も車体の特徴を捉えられるよう視認性を高めたデザインとされている。

2022年マシンではボディーサイドの白帯をリヤまで延長し、赤を中段に集約して前後に繋げることで、スピード感と低重心な印象を持たせている。さらに、新しくなったフロントフェイスを強調し疾走感を演出するために、2021年から採用した幾何学グラデーションを白帯の後端部に配している点も見逃せいポイントだ。

なお2022年シーズンは、「Moduloスマイル」として新唯(あらた ゆい)さんがModuloチームをサポートすることも同時に発表された。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報