鉄板のバンコンから、遊び心あるキャンピグカーまで勢揃い!【ジャパンキャンピングカーショー2022】キャラバン&ハイエース編

2022年2月10日~13日まで、千葉県にある幕張メッセで開催された「ジャパンキャンピングカーショー2022」。日本最大級のキャンピングカーショーで、軽自動車ベースの軽キャンピングカーや、ハイエースやキャラバンなどのバンをベースにしたバンコンなど、用途や予算にあった様々なキャンピングカーが並んでいる。会場内の様子を少しだけご紹介しよう。

●文/まとめ:月刊自家用車編集部

コロナ禍で更に人気。テレワークの拠点にも

先日発表されたキャンピングカー白書2022によると、2021年の国内キャンピングカー販売売上合計額が新車・中古車を合計して過去最高の635.4億円(対前年比109%)となったことが発表された。キャンピングカーの販売総額は直近10年間で約3倍になり、市場規模は急激に拡大、累積保有台数も増加し続け13万6000台にも達しているという。

そんな人気のキャンピングカー業界で注目のイベント「ジャパンキャンピングカーショー2022」が幕張メッセで開催中された。人気モデルや新型モデル、他ジャンルとのコレボレーションモデルなど、色々なモデルが集まる国内最大級のイベントだ。

コロナ禍でリモートワークが増えているのも業界には追い風のようだ。まるで自室のようなパーソナルスペースを持つキャンピングカーは、家庭内で仕事部屋がない人などに特に人気が高まっているという。用途の広がりと共に、進化するキャンピングカー業界は今後も注目が高まるだろう。

会場内の様子をちょこっと紹介

◆日産ブース【MYROOMコンセプト】【マルチベッド仕様】

日産自動車が提案するコンセプトモデル「MYROOM」。直線的なデザインをベースに、ぬくもりのある木目調パネルや、柔らかい光のLEDなど、リラックスできる空間を提案。その他、キャラバンのマルチベッド仕様など実用的なモデルも展示されていた。

【MYROOMコンセプト】

[写真タップで拡大]

水平基調なデザインが目を引く室内。木目調の枠には取り外し可能な収納ボックスが設置、テーブルの収納スペースも兼ねている。 [写真タップで拡大]

ソファを倒すと、フルフラット仕様に。車中泊も可能で、プロジェクター等で奥のスクリーンに投影すれば大画面で映像が楽しめる。 [写真タップで拡大]

【マルチベッド仕様】

[写真タップで拡大]

■キャラバン マルチベッド
(バン/ロングボディ/標準幅/標準ルーフ/低床/定員5名/2WD

[写真タップで拡大]

折りたたみタイプのベッドで様々なシーンに合わせてアレンジが可能。テーブルは脱着式なので寝るときに妨げにもならない。

◆KATO MOTOR

バンコン|kato motor

KATO MOTORの人気モデル「オークサイド」。乗車定員は6名、就寝定員は3名となっている。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

ちょうど良いサイズのシンクや冷蔵庫を装備。冷蔵庫はベッド展開しても使えるようにレイアウトされている。

キャプテンシート
[写真タップで拡大]

フットレストも付いた超VIP仕様のキャプテンシート。リクライニングすれば、より上質の空間となる。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報