限定150台「Jeep Compass Longitude 4×4」を発売、強靭な悪路走破性が魅力

●文/まとめ:月刊自家用車編集部

4×4モデルならではの高い走破性とリーズナブルな価格が魅力

Stellantisジャパン株式会社は、Jeepのコンパクト SUV「Compass(コンパス)」に、カタログモデルでは2WDのみの用意となる「Longitude(ロンジチュード)」を4WD化した限定⾞「Compass Longitude 4×4(ロンジチュード・フォーバイフォー)」を設定し、2022年5月7日より、全国のジープ正規ディーラーにて販売を開始する。メーカー希望小売価格(消費税含む)は、4,650,000 円。

「コンパス・ロンジチュード4×4」は、通常は4×2モデルのみの設定となるロンジチュードをベースに、悪路での走破性を高める4×4システム「Jeepアクティブドライブ」を始めとしたオフロード機能を付与した限定車となる。

Jeepアクティブドライブ

[写真タップで拡大]

Jeepアクティブドライブは、タイヤの空転を検知した際に瞬時に4輪の駆動力配分を最適化する電子制御式パワートランスファーにより、走破性を大幅に向上。また路面状況に応じて走行モードを「SAND/MUD」「SNOW」「AUTO」の3つのモードから選択でき、車両がパワートレインの特性を自動で最適化する「セレクテレインTMシステム」や、急な下り坂を一定の速度で安定して走行できる「ヒルディセントコントロール」を搭載している。また、高効率な4×4システムと9速オートマチックトランスミッションの組み合わせにより、燃費は11.5km/ℓ(WLTCモード)と4×2モデル(11.8km/ℓ)に遜色ない水準を実現した。

装備はベース車に準じており、LED式オートハイビームヘッドライトや17インチアルミホイール、10.1インチタッチパネルモニター付オーディオナビゲーションシステム、プレミアムファブリックシートなどを標準装備。

前走車と一定の車間距離を保ちながら速度調整を自動で行うアダプティブクルーズコントロール<STOP&GO機能付>や、ParkSenseフロント・リアパークアシスト、ParkSense縦列/並列パークアシスト・アンパークアシストなど運転支援機能も充実。 [写真タップで拡大]

ボディカラーは2色を設定

ギャラクシーブルーメタリックC/C 限定100台【限定車専用車】 [写真タップで拡大]

ブライトホワイトC/C 限定50台 [写真タップで拡大]

人気グレードをベースに、特別な仕様・装備により商品力が高められたロンジチュード4×4。4WD化により走破性が大幅に向上しているにもかかわらず、車両価格はレギュラーモデルの4×4グレード「Limited」に対して270,000円低く設定され、魅力的な1台となっている。
 
詳細は、商品サイトで確認してほしい。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報