バッテリー容量約30%増強、プラグインハイブリッドモデル【新型Passat GTE Variant】発表

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、昨年4月より導入した新型Passat(パサート)シリーズに新たなパワートレインとして、プラグインハイブリッドシステムを採用した新型「Passat GTE Variant」の今年の生産割当分の販売を4月5日より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで開始すると発表した。

●文/まとめ:月刊自家用車編集部

EV航続可能距離も増加

今回発表されたプラグインハイブリッドモデルの新型「Passat GTE Variant」の最大の特徴は、バッテリー容量が先代モデルの9.9kWhから13.0kWhと約30%増強された点だ。

Passat GTE Variant|バッテリー

[写真タップで拡大]

これにより、EV航続可能距離が57km(WLTPモード)となり、通勤や送迎、ショッピングなどの普段使いにおいて二酸化炭素を排出しないEV走行のみで対応できることとなった。また走行モードは先代モデル同様に、モーターのみで走行する“EVモード”以外にもモーターとエンジンを効率よく使って走行する“ハイブリッドモード”、モーターとエンジンの両方のパワートレインを使って力強く走行する“GTEモード”を選択することができ、ハイブリッドモードでは、走行中に回生エネルギーからバッテリーを充電することも可能となっている。

Passat GTE Variantのデザインは、新型Passatシリーズ同様に、フロントとリヤバンパー、ラジエーターグリル、リヤの中央部分に移されたGTEのロゴなど全てにおいて刷新され、力強く洗練されたエクステリアデザインを実現。また、先代モデル同様にGTE専用のC字型LEDデイタイムランニングライトやブルーにペイントされたブレーキキャリパーを装備し、フォルクスワーゲンのeモビリティを象徴するモデルとなっている。

Passat GTE Variant|アルミホイール

18インチアルミホイールにブルーのキャリパーが映える。 [写真タップで拡大]

Passat GTE Variant|ロゴ

専用のGTEロゴがリヤ、ラジエターグリルなどに配される。 [写真タップで拡大]

装備面においても他の新型「Passat」シリーズ同様のエクステリアデザインの改良に加え、同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist”やLEDマトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”などフォルクスワーゲンが提供する最新の先進運転支援システムを全車標準装備としている。

Passat GTE Variant|運転支援

同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist” [写真タップで拡大]

Passat GTE Variant|LEDヘッドライト

LEDマトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT” [写真タップで拡大]

なお、半導体供給不足などの影響で年内の供給台数は50台程度の見込みとなっており、それ以降の受注分については来年以降の出荷となる予定だ。

カラー4色

Passat GTE Variant|バイライトシルバーメタリック

パイライトシルバーメタリック [写真タップで拡大]

Passat GTE Variant|マンガングレーメタリック

マンガングレーメタリック [写真タップで拡大]

Passat GTE Variant|ディープブラックパールエフェクト

ディープブラックパールエフェクト [写真タップで拡大]

Passat GTE Variant|オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト

オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト(有料オプション) [写真タップで拡大]

<全国希望小売価格(税込)>
・Passat GTE Variant:¥6,345,000
・Passat GTE Variant Advance:¥6,838,000


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報