ナビもドラレコも車内Wi-Fiもこれ1台で…音声と通信でドライブをサポートするコネクテッドデバイスが誕生【パイオニア】

●文/まとめ:月刊自家用車編集部

世界に先駆けた新しいデバイスとして注目

パイオニアは、「音声」と「通信」でドライブ環境を革新する、ドライビングパートナー「NP1」を3月2日に発売することを発表した。本機はドライビングパーソナル音声AIを搭載した、世界に先駆けた全く新しいコネクテッドデバイスとして早くも注目を集めている。

最近では車載機器の著しい進化に伴い、ドライバーが車内で接する情報量が増加し、「目」や「手」で行う機器の操作や情報の確認が、機器に不慣れなドライバーにとっては大きな負荷やストレスになっている。

それらの負荷やストレスを解消し、安心・安全・快適な運転を実現するため、ドライバーや車両の状況を把握しながら今後の行動を予測し、音声により必要な情報をドライバーにとって最適なタイミングで伝えるモビリティAIプラットフォームの開発をパイオニアは進めてきた。

より快適なドライブシーンの提案

「NP1」は、新開発のモビリティAIプラットフォーム「Piomatix(パイオマティクス)」を初めて採用し、音声だけで操作や検索を行えるという。通信の常時接続により、常に最新の地図や機能で音声によるルート案内や情報提供が可能。Cerence社の自然対話型音声認識エンジンを採用し、ドライビングパーソナル音声AIと組み合わせることで、車に最適化した音声コミュニケーションを実現している。

また、録り逃しの無いクラウドドライブレコーダー機能、車室内をオンライン化するWi-Fiスポット機能、新体験のドライブコミュニケーション機能など多彩な機能を搭載しており、ドライブをより快適で便利なものへと変えてくれる。

さらにOTA(Over The Air)で新機能を追加・アップデートすることができ、ドライバーの運転スタイルを学習しながら、より個々に最適なデバイスへと進化させることも可能だ。

小型なボディに、前後一体型2カメラと車室内環境に最適なマイク・スピーカーシステムを搭載しており、幅広い車種のフロントガラスへ取り付けることが可能だ。

パイオニアの新しい移動体験の提供に今後も注目したい。

np1

[写真タップで拡大]

「NP1で何が出来るの?」

 【1】音声だけで操作・案内する「スマート音声ナビ」

目的地の検索から案内、運転中のルート情報確認まで、画面を見たり、タッチすることなく、声だけで操作・案内するナビ機能を搭載。いつもの運転がぐっと安全でスムーズに。ルート誘導も信号や標識、どのレーンを進むのかなど、具体的に案内してくれる。

 【2】クラウド保存で取り逃しなし「ドライブレコーダー」

映像を前方+車内/後方2つのカメラで録画。クラウドにも保存できるから、もしものときも録り逃しの心配がなく、さらにスマホで簡単に確認も可能だ。別売の駐車監視用ケーブルを接続すれば、駐車中の衝撃を検知して、自動録画をしてくれる。

 【3】自宅のようなWi-Fi環境を車内でも「クルマWi-Fi」

車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect®」を別途契約すると、LTEデータ通信が定額使い放題!車室内のオンライン化で、音楽のストリーミング再生やオンラインゲームなどが快適に楽しめる。

 【4】新サービスの追加が可能な「もっとカーライフ++(プラスプラス)」

本機のカメラとマイクを使えば、車外の人のスマートフォンとリアルタイムな情報共有が可能。道に迷った時に家族や友人から道案内を受けたり、運転が心配な家族の運転を見守るなど、まるで同乗者がいるようなコミュニケーションが可能。他機能も搭載している。

選べる料金プラン

np1
[写真タップで拡大]

■ベーシックプラン:6万5780円
通信+サービス利用料1年分付き

■バリュープラン:9万3500円
通信+サービス利用料3年分付き

その他オプションで、出張取り付けサービスやWi-Fi使い放題オプションなどがある。プランに迷っている人は、パイオニアのHPで最適なプランを診断できるので、試してみよう。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報