レクサスが新型「RX」を2022年6月1日にオンラインで発表!

●文:月刊自家用車編集部

日本市場では3代目となる新型「RX」

レクサスは5月18日に、ミッドサイズラグジュアリーSUV「RX」のニューモデルを2022年6月1日(水)にオンラインで発表することを公表した。この発表に先立ち、デザインの一部を全世界に向けて公開した。

新型「RX」 [写真タップで拡大]

現時点では、ヘッドランプとフロントグリルの一部の写真が公開されているが、2022年4月20日に公開されたバッテリーEV専用モデルの「RZ」とも異なるヘッドランプとスピンドルグリル形状となっている。欧州レクサスのプレスサイトではアンダースポイラーやエアインテーク形状までわかる写真が公開されている。

バッテリーEV専用モデルの「RZ」。 [写真タップで拡大]

初代RX。1998年デビュー。3LV6エンジンを搭載。 [写真タップで拡大]

2代目RX。2003年デビュー。V6ガソリンのほか、V6ガソリンハイブリッドも設定。 [写真タップで拡大]

3代目RX。2009年デビュー。直4ガソリン/V6ガソリンにV6ガソリンハイブリッドを設定。写真の後期型から今のレクサスに通じるスピンドルグリルが採用された。このモデルから日本市場でも販売開始。 [写真タップで拡大]

2015年にデビューした4代目RX。日本市場では直4ガソリンターボとV6ガソリンハイブリッドをラインナップ。2017年に3列7人乗りロングボディモデルが追加された。 [写真タップで拡大]

ミッドサイズラグジュアリーSUV「RX」は、今回公開された新型でグローバル市場では5代目。日本市場では3代目となる。初代と2代目「RX」は日本市場では「ハリアー」として販売されていた。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報