エンタメ性と使い勝手が向上「彩速ナビ」2022年モデル4機種を発売

JVCケンウッドは、ケンウッドブランドより、高精細HDパネルを搭載し、ハイレゾ音源再生に対応する、AVナビゲーションシステム“彩速ナビ”の最上位シリーズ「TYPE M」の2022年モデルとして、「MDV-M909HDF」「MDV-M909HDL」「MDV-M809HDW」「MDV-M809HD」の計4モデルを6月中旬より発売すると発表した。

●文:月刊自家用車編集部

ドライブレコーダーとの連携機能も魅力

彩速ナビの最上位シリーズ「TYPE M」は、高精細HDパネルの搭載、およびハイレゾ音源再生への対応により好評を得ているモデルだ。近年では、大画面9V型モデルの投入、フローティング機構の採用、デザインを洗練させ見やすさを追求した新地図色の開発など、さまざまな新機能が追加されてきた。

今回発売する「TYPE M」シリーズの2022年モデルでは、さらにエンターテインメント性や使いやすさを向上させた。新たにワイヤレスミラーリングに対応することにより、スマートフォンと“彩速ナビ”とのWi-Fi接続を可能とし、スマートフォンのハイビジョン映像をワイヤレスで、ナビの大画面で楽しむことができるようになった。

また、JVCケンウッド製のデジタルルームミラー型ドライブレコーダー“ミラレコ”「DRV-EMN5700」(別売)、および前後撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-MN970」(別売)との連携に対応し、ナビ画面で、タッチ操作による各種映像の表示に加え、ナビ本体の高精度な自車位置情報の活用によるドライブレコーダーの録画映像の地図画面上での表示や、録画映像の拡大表示などが可能となっている。 

さらに、スマートフォンをBluetoothテザリングで接続して音楽CDのタイトル情報やアルバムアートなどの表示を可能にしたほか、地図アイコンをより直感的で分かりやすいデザインにリニューアルされている。

前モデルに引き続き、大画面9V型としてフローティングモデルとインダッシュモデル、7V型として200mmワイドモデルと180mmモデルの計4モデルを市場投入し、ユーザーニーズに応えるラインナップとなっている。

彩速ナビ、2022年ラインナップ

MDV-M909HDF

●MDV-M909HDF(9V型 フローティングモデル)
●想定実勢価格:16万3000円前後 [写真タップで拡大]

MDV-M909HDL

●MDV-M909HDL(9V型 インダッシュモデル)
●想定実勢価格:15万2000円前後 [写真タップで拡大]

MDV-M809HDW

●MDV-M809HDW(7V型 200mmワイドモデル)
●想定実勢価格:10万5000円前後 [写真タップで拡大]

MDV-M809HD

●MDV-M809HD(7V型 180mmモデル)
●想定実勢価格:10万5000円前後 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報