<お手軽メンテ#02>定期的なクリーニングでエンブレム周りをリフレッシュ

洗車をしてもなぜかパリッとキレイにならない…そんな時にはクルマの細部を観察すると、細かな汚れが残っていることもある。洗車の際にチェックしておきたい、洗車だけでは落としづらい箇所のリフレッシュ方法を紹介しよう。

●文/まとめ:オートメカニック編集部

エンブレムの隙間に詰まった汚れを落とす

まめに洗車をしても、以前に比べてすっきりしない…色々原因が考えられるが、一つは細部に溜まった汚れが考えられる。普段の洗車では取りきれないパネルのつなぎ目やパーツの根元、エンブレムの隙間などに付いた水垢などの汚れが、全体的にくすんだ印象を与えているのだ。今回は、エンブレムの隙間に詰まった汚れを落とす方法をピックアップ。

メンテナンス|エンブレム|ビフォー

エンブレムの周囲など、普段の洗車では落としにくい汚れが蓄積して、クルマ全体がくすんで見えてしまう。 [写真タップで拡大]

メンテナンス|エンブレム|磨き
メンテナンス|エンブレム|磨き

コンパウンドクリーナーを歯ブラシなどの柔らかくて細かいブラシに付け、ひたすら磨く。テールランプの周囲やモールの隙間なども同様に行う。 [写真タップで拡大]

メンテナンス|エンブレム|アフター

隙間の水垢が取れてスッキリ。エンブレムもピカピカになった。汚れが固着しないように定期的にクリーニングするといい。 [写真タップで拡大]

メンテナンス|エンブレム|プロフィット
[写真タップで拡大]

使った商品はこちら
ProStaff
魁磨き塾 三兄弟小キズ次男
気になる小すり傷を消すコンパウンド配合の傷消しキット。#6000 番相当の研磨剤。スポンジとマイクロファイバークロスがセット。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報