カーナビに慣れていない人でも扱いやすい、シンプルな操作性とエンタメ性が魅力【楽ナビ】

カロッツェリアのロングセラー&ベストセラー「楽ナビ」が2022年モデルにチェンジ。他の追随を許さない充実のナビ機能は一度使うと手放せなくなる使い心地の良さだ。

●文:浜先秀彰 ●まとめ:月刊自家用車編集部

carrozzeria
楽ナビ AVIC-RQ912
価格:オープン(実勢価格:13万5000円前後)

最新楽ナビが選ばらえる理由

楽ナビはカロッツェリアのスタンダードナビとして20年以上もの歴史を持ち、多くのユーザーに支持されているベストセラーモデルだ。幅広いユーザー層をターゲットにしていることもあり、コントロール性の良さは特筆できるものがある。

「カーナビは多機能で操作が難しい」と思い込んでいる人も少なくないが、「楽ナビ」の〝楽〞は「操作が楽」を意味するだけにスマホナビアプリよりもずっと簡単に扱える。説明書を見なくても誰もが操作の流れをすぐに理解でき、触れてすぐに目的地検索やルート探索など主要な操作が行える。カーナビに慣れない人が利用する機会が多いレンタカーへの装着率が高いのも頷ける。

左のAVソースは回転するような動きで使い勝手がいい。右は目的地検索の項目だ。 [写真タップで拡大]

使い勝手の良い楽ナビだが、より操作をシンプルにした「カンタンモード」も選べる。 [写真タップで拡大]

また、表示の見やすさも見逃せないポイントで、今回撮影を行っているAVIC-RQ912では一般的なカーナビに搭載される7型WVGAディスプレイより約1.8倍も大きいうえ2.4倍も高精細な9型HDディスプレイを搭載。しかも画面が大きいため表示されるアイコンも拡大されており、タッチパネル操作も快適だ。

高解像度のHDディスプレイを採用。このようにアップで撮影してもクッキリ滑らかだ。 [写真タップで拡大]

視認性を重視した色合いを採用。地図上に描かれる文字やアイコンも読み取りやすい。 [写真タップで拡大]

ナビとしての基本性能に優れている点も見逃せない。自車位置表示はつねに正確で、トンネルや側
道などでも不安定な動きがなく道路が複雑な都市部も安心。ルート探索は6ルートを提案し、渋滞を
回避した案内もOKだ。スマホをテザリング接続すれば通信機能を使うことができ詳細な渋滞情報や
駐車場満空情報、天気予報などの情報も得られる。

都市高速の入口はイラスト図で案内。走行車線や進む方向がわかる。逆走の注意喚起も。 [写真タップで拡大]

楽ナビオリジナルの「よく行くランキング」を搭載。通信で駐車場満空情報も取得できる。 [写真タップで拡大]

そしてAVソースには地デジやDVDを備えるのはもちろん、HDMI入力も搭載。スマホやAmazon Fire TV Stickなどで多彩な動画コンテンツも車内で楽しめる。

[写真タップで拡大]

HDMI端子にAmazon Fire TV Stickやスマホを接続すれば高画質で多彩な映像を視聴OK。

楽ナビはニーズや予算に合わせて選べる14タイプをラインアップ。車種専用キット(別売)で美しく装着できる8型HDディスプレイ搭載機は3モデルを用意している。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報