一充電で615kmの長距離走行が可能、次世代電気自動車BMW iXM60が登場

BMWは、長距離走行が可能な革新的な次世代電気自動車BMW iX(アイエックス)のラインナップに、BMW iX M60(エムロクマル)を追加し、全国のBMW正規ディーラーで、5月24日より販売を開始。今回、ラインナップに追加となるBMW iX M60は、BMW iXにおけるトップ・モデルとなると共に、Mを冠するBMW Mモデルである。

●文:月刊自家用車編集部

0-100km/hを僅か3.8秒、走りのスペックも見逃せない

BMW iXは、SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)をベースに、コンセプト、デザイン、パワートレイン等、その全てにおいてBMWが次世代を見据えて開発したモデルだ。サステイナブル(持続可能性)であることを目的に、パワートレインには電気モーターを採用し、大型のリチウム・イオン・バッテリーを搭載した、長距離走行を可能とした次世代電気自動車である。

主な車両諸元
BMW iX M60(価格:1,740万円)
全長4,955mm、全幅1,965mm、全高1,695mm、ホイールベース3,000mm、車両重量2,600kg、車両総重量2,875kg、最高出力619PS(455kW)、最大トルク1,015Nm、リチウム・イオン電池容量60.6Ah、総エネルギー量111.5kWh、一充電走行距離615km。 [写真タップで拡大]

BMW iX M60は、最高出力258PS(190kW)を発揮する1つの電気モーターが前輪に、最高出力489PS(360kW)を発揮する1つの電気モーターが後輪にある、4輪駆動モデル。システム・トータルでの最高出力は619PS(455kW)、最大トルクは1.015Nm(スポーツ・モードでは1,100Nm)であり、0-100km/hを僅か3.8秒(ヨーロッパ仕様値)で駆けぬけるスペックだ。ボディ床下に収納されているリチウム・イオン電池の総エネルギー量は111.5kWhであり、一充電で615kmと安心の走行可能距離を誇っている。

約60分で80%ほどの充電が可能

最新の充電テクノロジーにより、普通充電と急速充電(CHAdeMO)に対応。普通充電においては、自宅で6.4kWのBMWウォール・ボックス(200V/32A)の利用により、約19.5時間で、充電開始時0%の状態から100%まで充電することが可能。

急速充電(CHAdeMO)においては、現在主流となっている90kW充電器の利用により、約75分で充電開始時0%の状態から約80%までの充電が完了する。また、僅か10分の急速充電で、最大約80km程度の航続可能距離を伸ばすことができるなど、充電性能に優れた点も特長だ。

さらに、BMWの店舗に設置予定等の150kWの急速充電器を利用すれば、約60分で充電開始時0%の状態から約80%までの充電が可能。また、僅か10分の急速充電で、最大約130km程度の航続可能距離を延ばすことが可能である。

車高調整が+20mm〜−10mmまで設定可能

4輪アダプティブ・エア・サスペンションの採用で、走行状態に合わせ常に最良の車両地上高を保ち、乗り心地、敏捷性、安定性と言った様々な側面にメリットをもたらしている。運転者による任意の切り替えも可能であり、例えば、Sportモードへの切り替えで、ダンパーを硬くし、車高を下げることで、スポーツ走行に適した特性とすることが可能であると共に、スイッチにより、高(+20mm)、低(-10mm)を、任意に設定することも可能である。

その他、基本的に「無音」である電気自動車において、音による効果で「駆けぬける歓び」を体感可能とするアイコニック・サウンド・エレクトリックの採用や、高性能カメラ&レーダー、および高性能プロセッサーによる高い解析能力によって、より精度と正確性が向上した、最先端の運転支援システムを標準装備している。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

前のページ:記事本文に戻る
月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報