34th STREET CAR NATIONALSに参加した空冷VWを一挙紹介

1200台のアメリカ的カスタムカーが集まった34th STREET CAR NATIONALS。そのなかから、色とりどりのカスタムVWたちを一挙にご紹介します!

●文/まとめ:ストリートVWs編集部

MOONEYESが主催するアメリカ的カスタムカーカルチャーの祭典「STREET CAR NATIONALS」が、5月15日お台場で開催された。2020年、2021年は東京オリンピックとパンデミックの影響を受けて中止。3年ぶりの開催となり、待ちわびたエントリー車の数は1200台にも上った。

ドイツで生まれたVWだが、実はホットロッド、カスタム、ローライダー、ミニトラック、USDMと並ぶアメリカ的自動車文化のひとつなのだ。会場ではアメリカ車や国産車が多数派を占めるなか、空冷VWも例年を上回る50台以上がエントリー。個性豊かなカスタマイズが施されたカーショーのエントリー車両たちをギャラリーでご紹介しよう。

[写真タップで拡大]

個性あふれる30台のビートルたち

年式もスタイルもさまざまなビートルのエントリー台数は30台。カスタマイズはもちろんのこと、オリジナル度の高さもむしろ個性になる時代だ。見事3台がアワードを受賞した。

カルマンギア、VWバス、タイプ3など派生モデルも人気

ビートルから派生したモデルたちはもともとが個性的なうえに、オーナーも個性派が多くて楽しい。水冷モデルもアメリカを意識したこだわりの強いモディファイが目立つ。

[写真タップで拡大]

毎週水曜日はVOLKSWEDNESDAY! 面白くて勉強になるフォルクスワーゲン情報をお届けしますので、お楽しみに。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報