アウディ ジャパン、内外装の装備を充実させた限定モデル「TTクーペ Sライン コンペティション プラス」を発売

Audi TT Coupé S line competition plus

アウディ ジャパンは2022年5月30日にプレミアムコンパクトスポーツであるTTクーペの内外装を充実させたSライン コンペティションの第2弾となる特別仕様車「TTクーペ Sライン コンペティション プラス」を設定。車両本体価格771万円/200台限定で販売を開始した。

●文:月刊自家用車編集部

内外装に人気のアイテムを数多く装備

「TTクーペ Sライン コンペティション プラス」は、2020年に導入した限定車の「TTクーペ Sライン コンペティション」をさらに進化させたモデルだ。

Audi TT Coupé S line competition plus [写真タップで拡大]

Audi TT Coupé S line competition plus [写真タップで拡大]

この限定車のベースとなるのは、TTクーペ45TFSIクワトロで、2L直噴ガソリンターボエンジン(最高出力245PS/最大トルク370Nm)を搭載し、7速Sトロニックトランスミッションを組み合わせ、駆動方式は4WDとなる。

エクステリアにはS lineパッケージ、ブラックAudi rings &ブラック ハイグロス スタイリング パッケージをベースに、TTRSデザインのリヤスポイラーやアウディスポーツ製の5アームRSデザイン19インチアルミホイールやレッドに塗装されたカラードブレーキキャリパーやブラックテールパイプ、フォーリングスサイドデカールを装備する。

Audi TT Coupé S line competition plus [写真タップで拡大]

Audi TT Coupé S line competition plus [写真タップで拡大]

また、走行状況に合わせてダンパーの減衰力を制御し、快適な乗り心地と優れたドライビングを両立するアウディマグネティックライドを採用し、走りの質感も高めている。

Audi TT Coupé S line competition plus [写真タップで拡大]

インテリアでは、レザー仕様のドアアームレストとセンターコンソール、アルカンターラ素材のシフトノブを装備。RSデザインパッケージのダイヤモンドパターンのアルカンターラとレザーを組み合わせたSスポーツシートのトリムやエアコンのリングは、ボディカラーによってレッドまたはブルー基調となる。加えてセンターレブカウンター表示のスポーツモードを有するバーチャルコックピットプラスを採用するなど、特別装備を数多く搭載。

Audi TT Coupé S line competition plus [写真タップで拡大]

Audi TT Coupé S line competition plus [写真タップで拡大]

Audi TT Coupé S line competition plus [写真タップで拡大]

Audi TT Coupé S line competition plus [写真タップで拡大]

さらにコンフォートパッケージ(シートヒーター、センターアームレスト、アウディサイドアシスト、アウディパーキングシステム、リヤビューカメラ、アウディホールドアシスト、エクステンデッドアルミニウムルックインテリア)やマトリクスLEDヘッドライト、クルーズコントロール、プライバシーガラスなど、人気のアイテムも標準装備となる。

ボディカラーは、グレイシアホワイトメタリック、クロノスグレーメタリック、タンゴレッドメタリック、ターボブルーの4色をラインナップしている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報