フィアット「500X」初のカブリオレボディ「インフィニート」を100台限定で販売

8月2日、Stellantisジャパン株式会社は、フィアットののコンパクトSUV「500X(チンクエチェントエックス)」に、ワンタッチでルーフを開閉できるカブリオレ仕様の限定車「500X Infinito(インフィニート)」を設定し、8月27日から全国のフィアット正規ディーラーにて100台限定で販売することを発表した。車両本体価格は398万円。

●文:月刊自家用車編集部

ルーフ一面に広がる大開口のオープントップルーフを特別装備。ソフトトップはブルー仕上げ

[写真タップで拡大]

イタリア語で「無限」という意味を持つ「Infinito」(インフィニート)を採用した「500X Infinito(チンクエチェントエックス インフィニート)」。大開口のソフトオープントップルーフを特別装備し、ルーフの開閉は電動開閉式で車内からワンタッチで操作できる。ソフトトップはブルー仕上げで、ジェラートホワイトのボディと鮮やかなコントラストを織り成す。

[写真タップで拡大]

パワートレーンは「500X/500X CROSS/500X SPORT」と同じく、最高出力151PS/最大トルク270Nmの1.3L直4ターボエンジンを搭載。トランスミッションは6速乾式デュアルクラッチオートマチックを採用する。停車時に自動的にアイドリングストップするSTART&STOPシステムも搭載し、燃料消費率を向上。WLTCモード燃費は13.4㎞/Lとなっている。

[写真タップで拡大]

1.3L直4ターボエンジン [写真タップで拡大]

6速乾式デュアルクラッチオートマチック [写真タップで拡大]

そのほか、エクステリアではハロゲンヘッドライトとハロゲンフォグランプを特別装備。さらに「500X Cross」と同じブラックレザーシート/8ウェイパワーシート/シートヒーターやデュアルゾーン式フルオートエアコン、アダプティブクルーズコントロール、7インチタッチパネルモニター付のオーディオプレイヤー(Apple CarPlay、Android Auto対応)など快適装備が充実している。

さらに安全装備についても、走行中車線から逸脱しそうな時にドライバーに注意を促すレーンディパーチャーウォーニング、ミラーの死角にある他車の存在を知らせるブラインドスポットモニター、後退時に左右方向から接近するクルマの存在を警告するリアクロスパスディテクション、リアパーキングカメラを装備し、ドライバーを支援する。

また、「500X Infinito(チンクエチェントエックス インフィニート)」の誕生を記念したデビューフェアを8月27日(土)、28日(日)の2日間フィアット正規ディーラーで開催する。1.99%特別低金利インテリジェントローンの利用も可能だ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報