三菱のフラッグシップ、「アウトランダー」のPHEVモデルをオーストラリアに投入

三菱自動車は、新型クロスオーバーSUV『アウトランダー』のプラグインハイブリッドEV(PHEV)モデルを、日本、ニュージーランドに続いて、8月15日(月)よりオーストラリアで販売を開始する。

●文:月刊自家用車編集部

力強い走りや多彩な使い勝手

新型『アウトランダー』のPHEVモデルは、三菱自動車の電動化技術と四輪制御技術の粋を集めたフラッグシップモデル。昨年のフルモデルチェンジでは「威風堂堂」をコンセプトにボディやシャシー、パワートレインなどすべてを刷新することで、さまざまな天候や路面での力強い走りや多彩な使い勝手といったSUVとしての魅力が向上。力強く滑らかな加速や安全・安心な走りといった電動車としての魅力も大幅にアップさせている。

『アウトランダー』は2001年に発売した三菱自動車初のクロスオーバーSUVで、世界約60ヶ国で販売する主力モデル。先代より設定したPHEVモデルは2013年に世界初のSUVのプラグインハイブリッドEVとして日本で発売後、欧州、オセアニア、北米、アセアンなどに展開し、世界累計販売台数は2022年7月末時点で約31万1000台、豪州では約4000台となっている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報