【MAZDA MX-30】スタイリングもインテリアも特別仕立て。マツダが誇る個性派SUVの魅力とは?

都会的でスタイリッシュなのに、同時に和みや癒しも感じさせる独特のエクステリア。特徴的な観音開きのフリースタイルドアを備えるなど、マツダ車の中でもとくに個性的なMX-30。その魅力を見ていきましょう!

●文:まるも亜希子 ●まとめ:月刊自家用車編集部 ●写真:澤田和久

内外装の魅力に加えて、コスパの良さも侮りがたし

ファミリーカーとして人気のコンパクトSUVの中でも、ひときわ個性的なのがこのMX‐30です。街中での取り回しがしやすい全長4395㎜、全幅1795㎜のボディサイズで、最小回転半径も5.3mと人気のヤリスクロスにかなり近い数値です。また全高が1550㎜に抑えられているので、機械式立体駐車場も利用しやすいのが嬉しいところですね。

他にはない大きな特徴は、やはり前後ドアが観音開きになる「フリースタイルドア」を採用しているところ。真ん中に邪魔なピラーがなく、ガバッと大きなドア開口部になりますが、後席のドアを開けるには、まず前席のドアを開けてから。閉める時も、まず後席ドアを閉めてから前席ドアを閉めるという順番があるので、慣れるまでは少々面倒に感じるかもしれません。メリットとしては、チャイルドシートに子どもを乗せる際に広いスペースが取れること。子どもが勝手にドアを開けて出る不安もなくなります。デメリットとしては、ルーフがやや低めなので大人が後席に乗り込む時に少し気になること。また5人乗りですが、前席重視のスペース配分なので3〜4人家族で使いたいです。

ラゲッジはベビーカーも余裕で積める十分な容量があり、6:4分割で後席も倒せます。ハイセンスなインテリアも見どころのひとつです。一部セットオプションになりますが、環境に配慮してマツダの創業時にゆかりがあるコルク素材や再生素材を利用した肌触りの良い内装などを積極採用しているあたりもモダン。コスパに優れた2ℓマイルドハイブリッドのほかに先進のEVも選べ、感性的に満足度の高い1台だと思います。

-車名・価格-

  • MAZDA MX-30
  • 価格:ハイブリッドモデル242万~265万6500円 / EVモデル451万~495万円
MAZDA|MX-30|走り

■試乗グレード
-ハイブリッド標準仕様(4WD)
-価格:276万6500円 (有料色代含む)
-カラー:ソウルレッドクリスタルメタリック 3トーン(有料色11万円高)

-装着オプション合計価格:55万9880円(ベーシックパッケージ、セーフティパッケージ、ユーティリティパッケージ、インダストリアルクラシックパッケージ、360°セーフティパッケージ、ボーズサウンドシステム) [写真タップで拡大]

-主要諸元・主要装備-

mx-30|フロント
mx-30|リア

■主要諸元(ハイブリッド標準仕様・4WD)
●全長×全幅×全高:4395×1795×1550mm ●ホイールベース:2655mm ●車両重量:1520㎏ ●パワートレーン:1997cc直4DOHC+モーター●エンジン最高出力:156PS/6000rpm ●エンジン最大トルク:20.3㎏・m/4000rpm ●モーター最高出力:5.1kW/1800rpm ●モーター最大トルク :49Nm/100rpm ●WLTCモード燃費:15.1㎞/ℓ ●燃料タンク容量:48ℓ<レギュラー> ●サスペンション前/後:マクファーソンストラット式/トーションビーム式 ●ブレーキ前/後:ベンチレーテッドディスク/ディスク ●タイヤサイズ:215/55 R18

■主要装備(ハイブリッド標準仕様・4WD)
スマートブレーキサポート、ハイビームコントロールシステム、電動格納リモコン式カラードドアミラー、防眩ルームミラー、リアフォグランプ、フロントワイパーデアイサー、ヘッドランプウォッシャー、大型ウォッシャータンク&ウォッシャー液残量警告灯、電磁式リアゲートオープナー、リアルーフスポイラー、フリースタイルドア、フルオートエアコン、オフロードトラクションアシスト、助手席シートリフター、6:4分割可倒式リヤシート、シヤシートセンターアームレストほか [写真タップで拡大]

-フリースタイルドア-

フリースタイルドア

MX-30で一番個性的なのは観音開きのフリースタイルドア。まずフロントドア開けたら、リヤドアの前内側にあるノブを引きます。するとリヤドアがオープン!後席への乗り込みはシートに座ってから脚を引き入れる感じがおすすめ。開口部がやや狭いので頭に注意。 [写真タップで拡大]

-エンジン-

2ℓマイルドハイブリッド
EVモデル

写真左が2ℓマイルドハイブリッド、写真右はEVモデル。2022年にはロータリーエンジンを搭載したレンジエクステンダーモデルも登場予定。 [写真タップで拡大]

-インパネ-

インパネ

水平基調のシックなインテリアが大人っぽい落ち着いた空間を演出。マツダ車の中でもとくにセンスの良さを感じますね。クーペライクな外観ですがとてもルーミーなキャビンです。 [写真タップで拡大]

-前後シート-

フロントシート
リアシート

ペダル配置など、自然なドライビングポジションにこだわった運転席。前席優先のパッケージングですが、乗り込めば後席も想像以上に快適なんですよ。リアシートも含め相当大柄な人だと後席は窮屈かもしれませんが、身長170㎝程度なら頭上空間も余裕があるはずです。 [写真タップで拡大]

-シートアレンジ-

ラゲッジ
ラゲッジ

MX-30の荷室は家族でも十分なサイズ。後席アレンジも6:4分割可倒式なので実用面でも問題ナシ。欲を言えば電動パワーゲートは欲しいかも? [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

月刊自家用車WEB