【レクサス 新型LX】日本発売は2022年初頭予定! 気になる進化のポイントとは?

LX

[写真タップで拡大]

LX

[写真タップで拡大]

10月14日、中東でワールドプレミアとなったレクサスの新型SUV「LX」。継承と進化を両立させ、新たなフラッグシップモデルとして満を持しての登場となった。コンセプトは「世界中のどんな道でも楽に、上質に」、進化のポイントを探ってみた。

●文/まとめ:月刊自家用車編集部 ●写真:レクサス

オフロードだけじゃない、追及した街乗りでの走破性

先日発表された、レクサス初のPHEVを採用したミッドサイズSUV「NX」に続く次世代モデルの第2弾「LX」がサウジアラビア王国ならびにアラブ首長国連邦で初公開された。LXは1996年に北米で発表されて以来、上質な乗り心地と世界中のあらゆる道での運転に耐えうる性能を両立させたレクサスのフラッグシップモデルとして、優雅な移動体験を提供しユーザーの豊かなライフシーンを支えてきた。

今回は、より上質な走りの進化を実現するため新GA-Fプラットフォームを採用。伝統のボディオンフレーム構造を維持しながら、200kgもの軽量化に成功している。またデジタル開発によりボディの高剛性化も実現している。

気になる走行性能をみてみよう。エンジンはV8から新開発のV6ツインターボに変更、アクセルの踏み始めからスムーズでリニアな加速が楽しめる。また力強さを保ちながら扱いやすさ、経済性も向上させている点も見逃せない。初搭載された電動パワーステアリング(EPS)やボディへの構造用接着剤の採用により、アクセル操作、ステアリング操作に対して素直に反応してくれるのも特筆ポイントだ。

初代から継承している2,850mmのホイールベースや従来型同等の対地障害角(アプローチアングル、デパーチャーアングル、ランプブレークアングル)はそのままに、マルチテレインセレクトやクロールコントロールの進化やマルチテレインモニターやデュアルディスプレイの採用などで、オフロードでの運転を支える最新技術も導入している。多様化するニーズに合わせたグレードは、最大級の快適性を提供する4座独立仕様のEXECUTIVEと、前後デフロックと専用のデザインを備えたOFFROADを用意。

先進安全技術と利便性については、レクサス初の指紋認証式プッシュスタートスイッチを採用し盗難リスクを低減している。また予防安全技術や利便性を向上したマルチメディアシステムの採用など、ユーザーの利便性の向上が図られている。注目の今モデルの日本での発売は2022年初頭を予定している。

■デザイン

新型LX
新型LX

冷却機能や整流効率を高めながら、ワイルドかつインパクトのあるメッキフレームを採用した迫力のフロントフェイス。リヤコンビネーションは、フロント~リヤにかけてのシルエットの流れに合わせたL字形状と一文字を組み合わせたデザイン。 [写真タップで拡大]

■室内

インパネ
後部座席

後部座席にリクライニング可能なシートと専用コンソールを装備した4座独立仕様のEXECUTIVE。スマートフォンの非接触式充電スペースや、小物入れ、USB&HDMIソケットなど充実の装備が魅力。 [写真タップで拡大]

■マルチテレインモニター&指紋認証

マルチテレインモニター
指紋認証(右)

(左)4つのカメラで車両周辺の状況を確認にするマルチテレインモニター。死角を減らし路面状況の確認がしやすい。(右)レクサス初の指紋認証スタートスイッチを全車に標準装備。車両に登録した指紋情報と一致しないと、エンジンが始動しない仕組み。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報