【トヨタの名車】AE86の復刻部品が発売開始、国内外のファンが歓喜

カローラレビン

総生産台数が10万台を超える大人気車種、AE86の復刻パーツがGRヘリテージパーツより再販が開始された。思い出の詰まった愛車に長く乗り続けるユーザーのためのプロジェクトとして、今までトヨタ2000GTやA70/A80スープラなど人気車種の復刻パーツを手掛けてきている注目のサービスだ。

●文/まとめ:月刊自家用車編集部 ●写真:トヨタ自動車(株)

人気漫画で注目され、生産終了後も人気の”ハチロク”

TOYOTA GAZOO Racingは、「GRヘリテージパーツプロジェクト」としてカローラレビン・スプリンタートレノ(AE86)の補給部品を復刻し、国内、海外向けに11月1日より再販売を開始。このプロジェクトは「思い出の詰まった愛車に乗り続けたい」というユーザーの想いに応えるべく、既に廃番となってしまった補給部品を復刻し、純正部品として再販売するという取り組みだ。既にA70/A80スープラ、トヨタ 2000GT、ランドクルーザー40系の部品復刻を行い、今回のAE86はそれに続く車種となる。

カローラレビン・スプリンタートレノは「カローラ」「スプリンター」シリーズのスポーツ系モデルで、中でも1.6リッターDOHC16バルブ(4A-GEU)エンジンを搭載したグレードの車両型式が、AE86。生産終了から30年以上経った現在でも“ハチロク”の名で人気を博しており、10月28日に発売となったGR86や、2012年4月に発売された86は、AE86の伝統を継承しているモデルとなっている

11月1日より、準備が整った部品から通常の純正部品と同様にトヨタの販売店で購入可能だが、サプライヤーによる特別協力の上での限定生産となるため、工場での生産期間終了後は在庫限りでの販売となる点に注意が必要だ。品番や価格、生産期間などの詳細については、11月1日より準備が整った部品から順次 GRヘリテージパーツWebサイトにて公開している。オーナーの方はまずはwebサイトをチェックしてみよう。

トレノ

4代目となるAE86は「ハチロク」と呼ばれ、様々な世代のユーザーから愛されている。 [写真タップで拡大]

発売される3製品

今回発売するのは、リヤブレーキキャリパー、ステアリングナックルアーム(共に11月1日発売)、リヤドライブシャフト(12月1日発売)を予定。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報