電気自動車「BMW i4」、高速道路での渋滞時に活躍する「ハンズ・オフ機能付き渋滞支援機能」に注目!

●文/まとめ:月刊自家用車編集部

フル充電で590km(ヨーロッパ仕様値)

 BMWは、プレミアム ミドルクラスの4ドアクーペモデル「BMW 4シリーズ グランクーペ」のラインナップに、電気自動車「BMW i4(アイフォー)」を追加し、全国のBMW正規ディーラーにて、2月16日より販売を開始すると発表。納車は、2022年3月以降を予定しているという。 

BMW i4は、スポーティでエレガントなデザインとダイナミックな運動性能、そして4ドアモデルの優れた機能性を高次元で融合したBMW 4シリーズ グランクーペがベース。今回、ラインナップに加わるBMW i4は、1回のフル充電でなんと510〜590km(※ヨーロッパ仕様値)もの走行が可能になるという。

[写真タップで拡大]

BMW の店舗に設置されている等、150kWの急速充電器を利用の場合は、約30分で、充電開始時0%の状態から約80%までの充電が完了する。 

安全機能・運転支援システムにおいても、BMW i4は、最新世代となっている。他のミドルクラス以上のBMWモデル同様に、高性能3眼カメラ&レーダー、および高性能プロセッサーによる高い解析能力の最先端運転支援システムが標準装備。

[写真タップで拡大]

高速道路での渋滞時において、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与する運転支援システム「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を搭載し、一定の条件下において、ステアリングから手を離しての走行も可能だ。

コネクティビティにおいても、BMW i4の優位性は高く、「OK, BMW」と話し掛けることで、車両の操作、目的地の設定等が可能となった。Apple CarPlayへの対応、BMWコネクテッド・ドライブ標準装備により、スマートフォンで事前に検索した目的地を車両に送信する等、利便性が大幅に向上している。

[写真タップで拡大]

車両のキーを持たずとも、スマートフォンをドア・ハンドルにかざすことで、車両のロック解除/施錠、さらには、エンジンの始動も可能である。 

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

スペック&価格

■BMW i4 eDrive40
全長4,785mm、全幅1,850mm、全高1,455mm、ホイールベース2,855mm、車両重量2,080kg、車両総重量2,355kg、最高出力340PS(250kW)/8,000rpm、最大トルク430Nm/0rpm-5,000rpm、リチウム・イオン電池容量210.6Ah、総エネルギー量83.9kWh、一充電走行距離590km*。 

■BMW i4 M50
全長4,785mm、全幅1,850mm、全高1,455mm、ホイールベース2,855mm、車両重量2,240kg、車両総重量2,515kg、最高出力544PS(400kW)/8,000rpm、最大トルク795Nm/0rpm-5,000rpm、リチウム・イオン電池容量210.6Ah、総エネルギー量83.9kWh、一充電走行距離510km*。 
※ヨーロッパ仕様値

モデル希望小売価格
BMW i4 eDrive40750万円
BMW i4 eDrive40 M Sport790万円
BMW i4 M501,080万円


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報