日産/NISMO、「Nissan Z」で富士24時間レースにテスト参戦

●文/まとめ:月刊自家用車編集部

ワクワクするレースカーの開発を目指す

日産と日産モータースポーツ&カスタマイズは、6月4日、5日に富士スピードウェイで開催される「NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース」に新型「Nissan Z」(日本名:フェアレディZ)をベースとしたレースカーでテスト参戦することを発表した。

スーパー耐久シリーズの第2戦として開催される「富士24時間レース」は、改造範囲によってクラス分けされた多種多様な車両がエントリーし、24時間にわたって車両の性能を競うもの。今回、日産/NISMOは新型Nissan Zの様々なモータースポーツカテゴリーでの活用の可能性を探り、実戦データを得るために、NISMOからエントリーする1台に加えて、「フェアレディZ」での同シリーズ(ST-3クラス)への参戦経験が豊富なMax Racingを加えた2台でST-Qクラス※にテスト参戦する。

nismo

[写真タップで拡大]

24時間というタフなレースを通じてクルマを鍛え、Zにふさわしい、ワクワクするレースカーの開発を目指している。詳細は後日発表されるという。
※ST-Qクラス:他のクラスに該当しない、スーパー耐久機構(STO)が認めた開発車両が参戦するクラス。

2台のチーム体制

[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報