トヨタの新型BEVは、サブスクサービス「KINTO」で提供。価格は600万円から

トヨタの新型BEV、bZ4Xが5月12日から発売を開始すると発表された。コンセプトは「Activity Hub」、乗員全員が楽しい時間や空間を共有できる、ワクワク感のあるクルマを目指し、インテリア、スタイリング、運転感覚、走行性能など、各分野で革新にチャレンジするとのこと。発表された情報をピックアップして紹介しよう。

●文/まとめ:月刊自家用車編集部

気になる日本での販売方法

発売前から注目を集めていたトヨタの電気自動車「bZ4X」の発売が5月12日と本日発表された。多くのユーザーが気になるのが、その発売方法と価格だ。

発表によると、日本においては、BEVに対するユーザーの不安解消と、電池の全数管理と3R推進によるカーボンニュートラルへの貢献を目指し、全数をリース販売されるとのこと。

個人のユーザーには、長く・安心して利用できること、かつ利用期間を通してユーザーに寄り添ったサービスを提供していくことを目指し、トヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」で提供される。法人ユーザーへは、全国のトヨタレンタリース店ならびにトヨタモビリティサービス(東京地区)からのリースでの提供となる。

初年度は5,000台分の生産・販売が予定されており、第1期申込みを5月12日より3,000台分、秋口に第2期、以降順次申し込みを受け付ける予定だ。

充電インフラの拡充にも取り組んでおり、今後のBEV普及進度を踏まえつつ、2025年を目途に全国のトヨタ販売店に急速充電器を設置していく計画だ。まず2022年は、BEV需要が高い地域を中心に順次設置を進めていくこととなる。

トヨタではbZ4Xを契機に、ユーザーが安心してBEVに乗ってもらい、またカーボンニュートラルに貢献し得る販売手法にチャレンジしていくという。

なお、価格はFWDが600万円、4WDが650万円となっている。

スタイリング

サイドビュー
四隅に配置したタイヤによる長いホイールベースを活かした、スリークなプロポーションとリフトアップしたSUVらしさの融合による新しいシルエットを実現 [写真タップで拡大]

フロントビュー
空力アイテムが織り込まれたコーナー部と、上下に薄いバンパー形状により、BEVの独自性を表現。 [写真タップで拡大]

リヤビュー
リヤコンビネーションランプ、バックドア、バンパーは、タイヤへ向かう台形のテーマとし、低重心で力強いスタンスを表現。 [写真タップで拡大]

どの座席に座っても広く静かで心和らぐ空間

[写真タップで拡大]

Dセグメントセダン並みのタンデムディスタンス(前後シート間距離)1,000mmを確保。BEV専用プラットフォームによる、ひとクラス上の広い室内空間。足元の広さ(レッグルーム)も、前後ともミディアムセグメントSUVクラストップレベルとなっている。

低重心化、高剛性化を推進

[写真タップで拡大]

主要骨格部位にホットスタンプ材、高張力鋼板を用いた軽量・高剛性なボディ構造を採用。電池パックとその周辺、BEVユニットやラジエータ搭載部、前後サスペンション周りなど、各部の剛性を向上させている。

メーターの見やすさを重視したコックピット

[写真タップで拡大]

メーターをステアリングホイールの上側を通して見えるように配置したトップマウントメーター(トヨタ初)。視線移動を少なく遠視点化し、見やすさを重視している。

最新の予防安全性能

モビリティ社会の究極の願い「交通事故死傷者ゼロ」の実現に向けて、bZ4Xでは進化したToyota Safety Senseを採用。ミリ波レーダーおよび単眼カメラの検知範囲拡大により、各機能の性能向上や一般道での支援を行う新機能を追加。事故の防止や交通事故死傷者のさらなる低減と、ドライバーの負担軽減を目指している。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【bZ4X】Battery EV Performance-Deep snow

【bZ4X】Battery EV Performance-Off-road

操安性能と乗り心地

販売はbZ4X専用プランで

最長は10年間プラン。

・契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)を保証

・10年のうち5年目以降は、月額を毎年段階的に引き下げ。長く乗れば乗るほどリーズナブルにする一方、5年目以降は中途解約金をゼロとし、お客様のフレキシブルなカーライフを支援

・WEBで契約まで完結可能

・月額利用料には以下の諸経費が含まれます(なお、契約時には所定の申込金のお支払いが必要です。また、補助金は月額利用料に別途織り込まれます)
※自動車保険や自動車税、メンテナンス代など
※安心安全のコネクティッドサービス(T-Connectの基本サービス、コネクティッドナビ、デジタルキー、クルマの状態を見守りお客様へ安心をお届けするコネクティッドカーケア)の利用にかかる費用


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報