新型ステップ ワゴンの福祉車両はベースモデルと変わらないスタイリッシュさが魅力!

新型ステップ ワゴン スパーダ 車いす仕様車(3 列目乗車タイプ)

2022年5月27日の新型ステップ ワゴンの発売と同時に設定される福祉車両。ベースモデルの「スパーダ」と変わらない外観デザインを採用しながら、リクライニング車いすに対応するなど使いやすさを追求している。

●文:月刊自家用車編集部

車いす仕様車とサイドリフトアップシート車を設定

新型ステップ ワゴンにラインナップされる福祉車両は、「車いす仕様車」と「サイドリフトアップシート車」の2タイプ。福祉車両となるとベースモデルの外観を変更する場合が多いが、新型ステップ ワゴンの福祉車両はベースとなる「スパーダ」と変わらない外観デザインが採用されている。車両本体価格は車いす仕様車が355万5000円〜383万円。サイドリフトアップシート車が339万6000円〜363万6000円。

車いすに乗ったまま移動できる「車いす仕様車」は、リクライニング車いすに対応した2列目乗車タイプ、3列目に乗車してその隣に介護する方が座れるタイプ、2列目と3列目に車いすの方が2名乗車できるタイプの合計3タイプが用意されている。

車いす仕様車2列目乗車タイプ。2列目後方に車いすの固定点を1か所追加することで、リクライニング車いすの固定がよりスムーズなっている。 [写真タップで拡大]

車いす仕様車3列目乗車タイプ。3列目シートを床下に格納できるので、開放的な視界を確保している。3列目でも人が隣に座ることが可能。 [写真タップで拡大]

シートが電動で回転して昇降するサイドリフトアップシート車は、車いすや杖を利用しているなどの、一般的なシートへの乗り降りが難しい方の負担を軽減する。シートの両側から乗降をサポートすることができるため、介護される方の負担も軽減される。

新型ステップ ワゴン スパーダ サイドリフトアップシート車 [写真タップで拡大]

大きく2列目シートが外にせり出すサイドリフトアップシート車。 [写真タップで拡大]

左右から介護者の乗降をサポートできるので、介護する方の負担も軽減。 [写真タップで拡大]

車いす仕様車、サイドリフトアップシート車ともにパワーテールゲートやトリプルゾーンコントロールフルオートエアコン、ブラインドスポットインフォメーションなどベースモデルと遜色のない内容で、日々の使用においてより快適で安心に移動できる装備を充実させている。

●新型ステップ ワゴン福祉車両バリエーション&価格

[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報