日産「キックス」がリコールを届出。アクスルボルトが緩み異音が発生するおそれ

●文:月刊自家用車編集部

不具合の部位は後輪のアクスルボルト

日産自動車株式会社は6月9日に国土交通省に対しリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2020年(令和2年)5月18日~2021年(令和3年)11月1日 に製造された4,736 台。

改善箇所説明図 [写真タップで拡大]

不具合の部位は後輪のアクスルボルト。後輪のアクスルにおいて、ハブを固定するアクスルボルトの締結作業が不適切なため、走行振動等によりボルトが緩み、構成部品がガタつき異音が発生するおそれがある。

そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、ボルトが抜けてハブに干渉しホイールがロックするおそれがあるとのこと。

改善措置の内容は、全車両、左右の後輪アクスルボルトの締め付け状態を点検し、規定のトルクで締めつける。

発見の動機は、市場からの情報によるもの。不具合件数は1件で、事故などは発生していない。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報