米国トヨタ、新型フルサイズ3列シートSUV「セコイア」の希望小売価格をアナウンス。2022年晩夏発売開始

2023セコイアCapstone

2022年1月にお披露目された第3世代となるトヨタの新型フルサイズ3列シートSUV「セコイア」。米国専用モデルで現行型ランドクルーザーと同じGA-Fプラットフォームを採用する超大型SUVだ。この度、2022年晩夏発売開始というスケジュールと希望小売価格が発表された。

●文:月刊自家用車編集部

最廉価グレードのSR5 4×2で58,300ドル、日本円で781.7万円から

2023セコイアTRDPro [写真タップで拡大]

2023セコイア搭載3.5LV6ツインターボ+モーターのi-FORCE MAX [写真タップで拡大]

第3世代となるフルサイズSUVトヨタ「セコイア」。搭載されるパワートレーンは「i-FORCE MAX」と呼ばれる3.5LV6ツインターボエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドを搭載。このパワートレーンは、V6ツインターボエンジンと10速オートマチックの間にクラッチを備えたモータージェネレーターを組み合わせたもので、437hpのパワーと583 lb.-ft.(約791Nm)というビックトルクを発生する。

2023セコイアLimited [写真タップで拡大]

プラットフォームは現行型ランドクルーザーやレクサスLXと同じラダーフレームを採用したGA-Fプラットフォームを採用。3099mmというロングホイールベースに全長5286mm、全幅2022mm、全高1885〜1974mmという堂々のフルサイズボディで、全車3列シート仕様。2列目シートはベンチシートまたは、キャプテンシートを選択可能で、3列目シートも広々としたリクライニングシートと電動格納機構を備えている。

2023セコイアCapstone [写真タップで拡大]

2023セコイアLimited [写真タップで拡大]

フルサイズSUVに必要な牽引性能は、先代モデルから26%増となる9500ポンド(約4.3t)の牽引能力を備え、トレーラー、ボート、RVの牽引に対応する。

2023セコイアLimited [写真タップで拡大]

4WDシステムは、グレードによって異なり、SR5、Limited、Platinum、Capstoneの4グレードは、パートタイム4WDと常時4WDの2タイプをラインナップし、パートタイム4WDはセンターコンソールのレバーを使い2WD、4WDハイ、または4WDローが選択可能だ。TRDProは常時4WDのシステムのみが搭載される。

今回公表された希望小売価格は、最廉価グレードのSR5 4×2で58,300ドル。日本円で781万6952円(日本時間6月8日時点での為替レートで計算)がスタート価格になる。全グレードの価格は以下の通り

●トヨタセコイア2023モデル希望小売価格(日本円換算は日本時間6月8日時点での為替レートで計算)
SR5 4×2:58,300ドル(781万6952円)
SR5 4×4 :61,300ドル(821万9196円)
Limited 4×2:64,700ドル(867万5073円)
Limited 4×4:67,700ドル(907万7318円)
Platinum 4×2:70,900ドル(950万6378円)
Platinum 4×4:73,900ドル(990万8623円)
TRD PRO 4×4:76,900ドル(1031万867円)
Capstone 4×2:75,300ドル(1009万6337円)
Capstone 4×4:78,300ドル(1049万8582円)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報