ホンダ新型CR-Vのスポーティでモダンなインパネデザインを公開。詳細は7月12日に明らかになる!!

新型CR-V

●文:月刊自家用車編集部

新型CR-V [写真タップで拡大]

ハニカムパネルなど多くの共通性が見て取れる

ホンダの米国法人が現地時間6月22日に、新型「CR-V」のインパネデザインを公開した。5月24日にはフロントマスクやリヤコンビネーションランプの形状などがわかるティザー画像を公開しており、今回はティザーキャンペーンの第2弾となる。

新型CR-V [写真タップで拡大]

今回公開されたインパネデザインは、現行型の11代目シビックから採用された横基調の基本デザインに、インパネセンターから助手席側へ続く横長のハニカムパネルなど多くの共通性が見て取れる。先日発表された新型SUVである「HR-V(日本名ZR-Vを予定)」とシフトまわりの形状以外はかなりよく似たデザインを採用しているのが確認できる。また、エアコン下にはスマートフォンのワイヤレス充電トレイやシフトレバー、電子制御パーキングブレーキなどのスイッチが確認できる。

HR-V(日本名ZR-Vを予定)のインパネ [写真タップで拡大]

なお、新型「CR-V」のワールドプレミアが現地時間の7月12日となることも同時にアナウンスされている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報