スバル スバルXV・オン/オフを問わない万能ぶりが光る、クロスオーバーSUV【国産車カタログ】

●文:月刊自家用車編集部(ハラ)

【プロフィール】スバル自慢の新世代技術を惜しみなく注入

スバル
スバルXV
発売日:2017年5月
価格:213万8400〜267万8400円(2017年5月当時)

インプレッサ・スポーツをベースに開発されたクロスオーバーSUV。
最低地上高を確保するために拡大された足まわりを除けば、ボディやパワートレーン、SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)などの基本メカニズムはインプレッサと共有関係にある。

デビュー当初のパワートレーンは、1.6ℓ水平対向4気筒NA(115PS/15.1kg・m)と2ℓ水平対向4気筒NA(154PS/20.0kg・m)の2本立てだったが、2018年10月に2ℓ水平対向4気筒NA+モーター(145PS/19.2kg・m+10kW/65Nm)のe-BOXER車を追加している。いずれもトランスミッションはスバル独自のCVT(リニアトロニック)が組み合わされる。駆動方式は全車シンメトリカルAWDのみ。


先代スバルXVもインプレッサ(先代)をベースに開発されたモデルだが、現行スバルXVはプラットフォームがSUV用途も考慮して設計開発されたSGPに刷新されたことにより、オンロードの動的質感や走行安定性が大きく向上。先代とは別物といっていいほどに進化している。オフロード性能も悪路走破性を高めるX-MODEが搭載されるなど、カジュアルな見た目とは裏腹に確かな実力が与えられている

SUVであることを主張するホイールアーチのクラッディングパネルは、スバルXVのデザインアイコンの一つ。 [写真タップで拡大]

インパネはインプレッサと共通のデザイン。質感が向上した美点も同様だ。ハッチバックボディゆえに、SUVにしては室内高はやや低め(1200mm)だ。 [写真タップで拡大]

【モデル変遷&グレード構成】マイルドハイブリッドのe-BOXERを、2018年秋に導入

2017年5月にフルモデルチェンジを実施。次世代プラットフォーム「SGP(SUBARU GLOBAL PLATFORM)」を採用したほか、スバル共通のデザインフィロソフィー“DYNAMIC×SOLID”を注いだスタイリング、2ℓ直噴エンジンやX-MODE、アイサイト(バージョン3)など、スバルの新世代技術&機能が投入されている。

デビュー当初は1.6ℓ車に「1.6i EyeSight」と「1.6i-L EyeSight」、2ℓ車に「2.0i-L EyeSight」と「2.0i-S EyeSight」を設定。

発売1か月の受注台数は1万1085台を記録。排気量別構成比は1.6ℓ車が21%、2ℓ車が79%だった。

2018年10月にマイルドハイブリッドのe-BOXER車を追加設定(グレード:Advance)。

2019年10月に改良モデルを発表。e-BOXER車の拡充が図られ、新たに「2.0e-L EyeSight」と「2.0e-S EyeSight」を設定(既存の2ℓ車は廃止)。高速道路で操舵支援を行うアイサイト・ツーリングアシストが全車に標準装着されるほか、X-MODEの機能強化が図られた。ヘッドライトまわりの意匠変更も実施されている。

2020年10月に大幅改良モデルを発表。フロントフェイスやアルミホイールに新デザインを採用したほか、新ボディカラー「プラズマイエロー・パール」を設定。シートのカラーコーディネートと表皮パターンも変更されている。サスペンションの改良も実施され、e-BOXER車にはSI-DRIVEと協調するアダプティブ変速制御「e-Active Shift Control」が採用されている。

2021年12月に一部改良モデルを発表。ファブリックシート×フロントシートヒーターの組み合わせを設定したほか、1.6ℓ車のボディカラーにサファイアブルー・パールを新設定。
スバルXVを記念した特別仕様車「Advance Style Edition」を発売した。

左が2017年の「2.0i-S EyeSight」、右が2021年導入の特別仕様車「Advance Style Edition」。 [写真タップで拡大]

【試乗インプレ】オンロードの走りの質感はクラストップレベル。1.6ℓ車も侮れない実力車

SUV用途も考慮して設計されたSGPの恩恵もあって、先代よりもオンロード性能が向上。硬めな味付けは変わらないが、コーナー時の荷重のかかり方も自然で、しっかりと踏ん張ったあとに穏やかな挙動をみせる。乗り心地と操縦性の良さはスバル車はもちろん、このクラスのライバルの中でも際立った存在だ。

動力性能は400cc(+モーター)の余裕がある分、2ℓ車(e-BOXER車)の方が幅広いステージで高い適性を示すが、1.6ℓ車も変速制御がなかなか巧みで、中速域までの伸びやかな加速感は2ℓ車にも負けていない。ロングドライブが多いユーザーなら2ℓ車(e-BOXER車)をオススメするが、1.6ℓ車を選んでも後悔することはないだろう。

荷室のアレンジ性能や積載性はSUVとしては高いモデルではないが、オン/オフを問わず良質な走りを楽しむことができる。最新モデルは強力な運転支援機能を持つアイサイト・ツーリングアシストが標準装着されるなど、ロングドライブ適性も優秀。高いレベルでまとめられた実力モデルだ。

高速走行が多いユーザーには2ℓ車がオススメ。編集部で実施した燃費テストでは13〜14km/ℓ前後をコンスタントに記録するなど、スバル車の中では燃費も良好なモデルだ。 [写真タップで拡大]

泥路やぬかるんだ路面でも安定した駆動力を発揮するX-MODEは、ほぼ全てのグレードに装着。オフロード性能の高さも大きな武器といえる。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報