トヨタとスズキ、インドで新型SUVの開発・生産領域で協業深化

トヨタ自動車株式会社とスズキ株式会社は、2017年に業務提携に向けた覚書を締結。以来、トヨタが持つ強みの電動化技術とスズキが持っている強みの小型車技術を持ち寄り、生産領域や電動車の普及などで協業に取り組んで来たが、この度、スズキ開発の新型SUVを初めてトヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)で2022年8月より生産を開始することが発表された。

●文:月刊自家用車編集部

「マイルドハイブリッド」「ストロングハイブリッド」を搭載へ

この新型SUVは、インド国内のマルチ・スズキ・インディア、TKMでそれぞれスズキ、トヨタのモデルを販売し、両社共に、アフリカを含めたインド国外への輸出も計画している。インド発売のトヨタ、スズキの両モデルには、それぞれが開発した技術として「マイルドハイブリッド」「ストロングハイブリッド」がパワートレインとして搭載され、トヨタとスズキの強みを持ち寄ることで、市場に幅広い電動化技術を提供することが可能になり、インドにおける電動化の加速と、カーボンニュートラル社会の実現に貢献するという。

さらにインドにおける協業拡大への投資も含め、インド政府が掲げる製造業振興策である“Make in India”を継続的に支援することで、持続的な経済成長に寄与し、2070年までに温室効果ガス(GHG)排出ネットゼロ達成ビジョンに貢献していく。

トヨタ 豊田章男社長のコメント
「インド事業を地元密着で長く取り組んでいるスズキさんと新型SUVを発表できることを嬉しく思います。現在、自動車産業は、電動化やカーボンニュートラルなど、様々なチャレンジに直面しています。トヨタ、スズキそれぞれの強みを活かして、インドのお客様に様々な選択肢をご提供することで、CO2削減に貢献し、“誰も取り残さず”、“みんなが自由に移動できる社会”の実現を目指していきたいと思います。」

スズキ 鈴木俊宏社長のコメント
「今回の新型SUVのTKMでの生産は、環境にやさしくお客様に必要とされるモビリティの提供を通じて、インドの成長に貢献することができるプロジェクトです。将来の協業の更なる深化に向けた大きなマイルストーンであると認識しております。トヨタさんからの支援に感謝申し上げると同時に、引き続き協業による新たなシナジーやビジネスチャンスを模索してまいります。」


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報