リフトアップして悪路走破性を向上。メルセデス・ベンツ「C 220 d オールテレイン」試乗インプレッション

C 220 d オールテレイン

2022年1月に日本導入が開始された「C220 d オールテレイン」。メルセデス・ベンツCクラス初のクロスオーバーモデルで、SUV譲りの車高とステーションワゴンの実用性を併せ持ったクロスオーバーモデルだ。車両本体価格は796万円。

●文:川島 茂夫 ●写真:メルセデス・ベンツ日本

最低地上高をステーションワゴンよりも約40mm高く設定

ボディサイズは全長4760mm×全幅1840mm×全高1495mm、ホイールベース2865mm。 [写真タップで拡大]

ブレーキシステムは前後ベンチレーテッドディスク。タイヤサイスは前後ともに245/45R18。 [写真タップで拡大]

一言でまとめればCクラスのワゴンを悪路対応させたモデルとなる。パワートレーンはC220 d ステーションワゴンと共通のマイルドHV(ISG)ディーゼルターボ。ボディシェルも共通だが、Cクラスワゴンでは唯一となる4WDを採用。4WDシステムには空転防止機能の向上や登降坂制御機能を備えた「オフロード」「オフロード+」の2モードも設定。最低地上高は標準車+40mmの150mmであり、車体前後のデザインからしても、ハードクロカンは厳しいものの、雪道や未舗装路の走破性は大きく向上しているはずだ。

ベースとなるCクラスステーションワゴンと同じく、12.3インチのワイドディスプレイを採用するデジタルメーターと11.9インチの縦型ディスプレイを配置。 [写真タップで拡大]

オプションのレザーエクスクルーシブパッケージ。パノラミックスライデングルーフとセットで46万9000円。 [写真タップで拡大]

この試乗では悪路性能のチェックはできなかったが、オンロードにおける走りはCクラスの名に相応、というかツーリング&レジャー方向に進化した上位設定仕様と評すべきものだった。高くなった車高に対応してかフットワークは標準系よりも硬め。タイヤサイズが上がっていることもあり路面感覚も多少強めだが、どちらかと言えば高速ツアラー志向の乗り味。4WDを利した挙動安定や細かなトルク変動の抑制などが走りの質感も向上させている。

48VマイルドハイブリッドシステムのISGを搭載した2.0L直列4気筒ターボエンジンを搭載。最高出力200PS/最大トルク440Nmを発生。WLTCモード燃費は17.9㎞/L。 [写真タップで拡大]

Cクラスで定評のあるフロント4リンク式、リヤマルチリンク式サスペンションを採用。最低地上高をステーションワゴンよりも約40mm高く設定し、車高調整を必要としないオフロードの走破性を確保している。 [写真タップで拡大]

レスポンスよく大きなトルクを滑らかに立ち上げるディーゼルは街中も高速も扱いやすく、変速もリズミカルな9速ATと相まって悠々とした運転感覚を示す。

後席背もたれは40:20:40の比率で分割格納が可能。ラゲッジスペースを490Lから1510Lまで拡大できる。 [写真タップで拡大]

220 d ステーションワゴンアバンギャルドとの価格差は91万円。悪路走行の機会がなければ不要かもしれないが、4WDの必要性がある、あるいは積極的なレジャー用途での活用を考え、なおかつCクラスの質やプレミアム感にもこだわるユーザーなら投資以上の価値が見出せるだろう。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報