SUBARUが陸上自衛隊新多用途ヘリコプター「UH-2」の量産初号機を納入

●文:月刊自家用車編集部

UH-2の量産事業を推進

6月30日、SUBARUが航空宇宙カンパニー宇都宮製作所(栃木県宇都宮市)において、陸上自衛隊新多用途ヘリコプター(UH-2)量産初号機を陸上自衛隊に納入したことを発表した。

この新多用途ヘリコプター(UH-2)は、民間向け最新型ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」を共通プラットフォームに、陸上自衛隊向け仕様を織り込んだ機体だ。

2022年5月の初飛行以降、各種社内飛行試験が順調に進み、防衛省による確認を経て納入に至ったという。

今後SUBARUでは、国産ヘリコプターであるUH-2の量産事業を推進するとともに、SUBARU BELL 412EPXの製造、販売に邁進するという。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報