欧州トヨタ、ランドクルーザー「マットブラックエディション」を発表。各部をマットブラックで引き締め堅牢性と走破性を表現

現地時間2022年7月7日、欧州トヨタはランドクルーザー(日本名:ランドクルーザープラド)の「マットブラックエディション」を発表した。2023年1〜3月に欧州で発売される予定だ。

●文:月刊自家用車編集部

マットブラックのホイールとエクステリアパーツを装着。インテリアも新演出

ランドクルーザー(日本名:ランドクルーザープラド)の「マットブラックエディション」は、その名の通り、エクステリアのディテールにマットブラックを採用し、ランドクルーザーの高い堅牢性とオフロード性能を強調したモデル。

[写真タップで拡大]

フロントまわりでは、グリルのサラウンドとバーティカルバー、ヘッドライトのアッパーガーニッシュ、フォグランプベゼルなどをマットブラック仕上げとし、同じくサイドステップ、ルーフレール、ドアミラーケーシング、18インチアルミホイールもマットブラックとされている。加えてライセンスプレート上のバックドアガーニッシュもマットブラックだ。

[写真タップで拡大]

インテリアも新しい演出が施され、シートバックとクッションをブラック、サイドボルスターをグレーまたはサドルタンの2色のレザーシートから選択可能としている。

「マットブラックエディション」は、上級グレードに設定され、5ドアボディ、4WDのプラットフォームに、最大トルク500Nm、最高出力240hpを発生する2.8Lディーゼルターボエンジンと6速オートマチックトランスミッションが組み合わされている。

日本市場向けのランドクルーザーシリーズは、現行の300系が注文停止、ランドクルーザープラドも6ヵ月程度の納期となっている。各部をマットブラックで引き締めたこの仕様、噂される改良モデルにぜひラインナップを期待したい。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報