スズキ「アルト ラパン LC 」のモチーフになったフロンテってどんなクルマ!?

●文:月刊自家用車編集部

「フロンテ360」は高速巡航を重視で、高性能版も追加された

6月17日にスズキの軽乗用車「アルト ラパン」の一部改良が発表された。この時、同時にグレード追加となったのが「アルト ラパン LC」。ノーマルの「アルト ラパン」とは大きく異なる、一風変わったフロントグリルを装着し、専用のメッキパーツを各部に装備するなど、スズキによればどこか懐かしいデザインとなっている。

アルト ラパン LC [写真タップで拡大]

この一風変わったフロントグリルは、なんと1967年に発売された2代目フロンテ360をモチーフにデザインされているのだ。フロンテは1962年に初代モデルがデビュー。当時はスズキ唯一の乗用車で、2サイクルエンジン、フロントエンジン/フロントドライブ(FF)を採用していた。

2代目フロンテ [写真タップで拡大]

1967年に2代目となる「フロンテ360」がデビューする。初代とは大きく変わり駆動方式がリヤエンジン/リヤドライブ(RR)に変更される。車体軽量化や軽自動車初の2サイクル3気筒360ccエンジン(最高出力25PS/最大トルク3.7㎏・m)を搭載し、100㎞/hの最高巡航速度(最高速度は110㎞/h)を実現したモデルだ。

2代目フロンテ [写真タップで拡大]

2代目フロンテ [写真タップで拡大]

2代目フロンテ [写真タップで拡大]

1968年にはエンジン最高出力を36PSとした「フロンテ360SS」を追加するなど、高性能版も追加されていった。この「フロンテ360SS」をイタリアへ送り込みミラノからナポリ間を走破する「太陽の道(ハイウェイ)」テストを行い、耐久性の高さを実証している。

2代目フロンテ「太陽の道(ハイウェイ)」テスト車両 [写真タップで拡大]

今回登場した「アルト ラパン LC」は、「フロンテ360」のフロントグリルデザインだけでなく、「LC」というサブネームも「フロンテ360」の型式/エンジン型式である「LC10」をモチーフにネーミングされている。

アルト ラパン LC [写真タップで拡大]

「アルト ラパン LC」は、「アルト ラパン」に対して内外装ともに質感を高めた上級仕様となっているが、いずれは初代「アルト ラパン」に設定されていたターボエンジン搭載の「SS」グレードを追加してほしいものだ。

■2代目フロンテ主要諸元
(スタンダード・1967年)
●全長×全幅×全高:2995㎜×1295㎜×1330㎜ ●ホイールベース:1960㎜ ●車両重量:420㎏ ●エンジン(LC10型):空冷2サイクル直列3気筒356㏄ ●最高出力:25PS/5000rpm ●最大トルク:3.7㎏・m/4000rpm ●燃費(鋪装平坦路公式テスト):28.0㎞/ℓ ●トランスミッション:4速MT ●乗車定員:4名 ●価格:31万8000円(東京地区・1967年当時)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報