ついに発売! ホンダ「アコード」のディーラー反響はいかに

  • 2024/04/16 13:18
  • [CREATOR POST]

●文:[クリエイターチャンネル] Peacock Blue K.K.

ホンダの11代目新型「アコード」が市場に登場して以来、その反響は非常に大きいものとなりました。

2024年3月8日に発売されたこのモデルは、グランドコンセプトを「Driven by My ACCORD ~相棒アコードとより高みへ~」としており、初代のコンセプトを踏襲しつつホンダの最新の安全技術や先進装備を搭載しているのが特徴です。

1976年に初代モデルが登場して以来、アコードはホンダのフラッグシップセダンとしてその地位を確立してきましたが、今回の新型はさらに一歩先を行く革新を目指していると言えるでしょう。

多くの期待を一身に集める新型アコードですが、その反響はいかがなものでしょうか。

ディーラーによると、この新モデルは若年層から中年層まで幅広い顧客層に支持されているとのこと。

人気の理由として、「ホンダセンシング」がすべて搭載されているという点が挙げられます。

ホンダセンシングとは、ホンダの安全運転支援システムのことで、さまざまなセンサーとカメラを使って周囲の環境を認識し、ドライバーに警告を与えたり、場合によっては自動で車両を制御したりする安全機能です。

この安全機能がすべて搭載されており、安心して乗ることができるという理由から、多くの人に選ばれているそうです。

特にプラチナ・ホワイト・パールの人気が高く、注文が殺到しているようだ

また、現時点で新型アコードの注文は非常に多く、特に白色のモデルには多くの予約が入っているとのことなので、その人気は今後も続くことが予想されます。

新型アコードのグレードは1台のみの展開で、人気のオプションは「フロアマット」「コーティング」「ドライブレコーダー」とのこと。

このモデルはナビやETCが元から搭載されており、追加でつける人はあまりいないため、担当者はドアバイザーとフロアマットを推奨オプションとしています。

これらのオプションをつけた際の値引き額については要相談で、今回の取材のなかで具体的な金額の提示はなかったものの、一般的には5万円程度なら値引きしてもらえるケースがあるようです。

また、納期の目安は書類を提出してから3週間ほど。

取材段階のタイミングでは、「イグナイトレッド・メタリック」と「クリスタルブラック・パール」各1台は即納車可能とのこと。

そして「クリスタルブラック・パール」1台は4月20日に入る予定のため、即納車と言える状態とのことでした。

またこれを過ぎると8月20日に「クリスタルブラック・パール」が2台、11月20日に「プラチナ・ホワイト・パール」が2台入る予定との情報だったため、購入を考えている場合は納車のタイミングも考慮する必要がありそうです。

ちなみに新型アコードは全長を75mm、リアトレッドを10mm延長しており、従来モデルよりロー&ワイドなフォルムが実現されています。

さらに、インストルメントパネルは水平基調に設計されているため、視覚的ノイズを減らすことで運転に集中しやすくなっているのがポイントです。

デザイン面では、エクステリアが力強いノーズと流麗なシルエットを特徴としており、フルLEDの薄型フロントヘッドライトと横一文字型のリアコンビネーションランプが、そのワイドな印象を一層強調させています。

ホンダ「アコード」は、エクステリアの流麗なシルエットが特徴的だ

インテリアに目を向けると、ブラックを基調とした高級感のある仕上がりになっているのが分かります。

また、マルチカラーのLEDアンビエントランプが標準装備されており、全7色から自分好みの色を選べるのも魅力。

動力面では、2.0Lの直噴アトキンソンサイクルエンジンと新開発の高出力モーターを組み合わせた2モーター内蔵電気式CVTが採用され、優れた静粛性とともに最大トルクの向上が図られました。

ドライブモードはECON/COMFORT/NORMAL/SPORT、そして自分でカスタマイズ可能なINDIVIDUALモードが設定可能で、さまざまな運転シーンに応じて最適なドライビングが楽しめるでしょう。

インターフェースに関しては、12.3インチのHonda CONNECTディスプレー/10.2インチのデジタルグラフィックメーター/11.5インチのヘッドアップディスプレーが採用されており、視認性と操作性がアップしています。

そのほか、Googleアシスタント/Googleマップ/Google Playが車内で利用できるようになったため、ドライブ中でも日常と変わらない便利な生活が送れるようになりました。

このように、ホンダの新型アコードは、先進技術と高い安全性を兼ね備えたモデルとして、幅広い年齢層から注目を集めています。

2024年3月8日に発売されてから今なお多くの予約が入っており、その人気は今後も継続すると考えられます。

ディーラー反響もいいことから、ホンダがこのセダンに込めた革新的な取り組みが、多くのドライバーに新たな運転体験を提供していることは間違いないと言えるでしょう。

※本記事の文責は当該執筆者(もしくはメディア)に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。