三菱「ミラージュ」夏場の快適性を向上させる機能装備充実など一部改良

ミラージュ G

●文:月刊自家用車編集部

寒冷地仕様標準装備で冬場の快適性も向上

ミラージュ G [写真タップで拡大]

三菱自動車(株)は、6月9日にコンパクトハッチバック「ミラージュ」の一部改良を発表した。主な改良内容は、フロントドアガラスを、従来の99%UV(紫外線)カットガラスから、99%UVカット及びIR(赤外線)カットガラスに変更。夏場の日差しによる暑さやジリジリ感を軽減し、快適性を向上させた。

ミラージュBLACK Edition [写真タップで拡大]

ミラージュM [写真タップで拡大]

また、従来はメーカーオプション設定だった寒冷地仕様(エンジン始動直後から温風を送り出すスタートアップヒーターを除く)を標準装備とし、冬場の快適性も向上させている。車両本体価格は145万7500円〜162万8000円。

●ミラージュバリエーション&価格

[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報