まるで現代版モトコンポ!? 1人乗り電動三輪マイクロモビリティ「ストリーモ」がホンダ発のベンチャーから誕生!!

1人乗りの電動三輪マイクロモビリティ「ストリーモ(Striemo)」

独自のバランスアシスト機構により、ゆっくり歩くようなスピードから自転車程度のスピードまでの走行を可能にした1人乗りの電動三輪マイクロモビリティ「ストリーモ(Striemo)」がホンダ発のベンチャー「株式会社 ストリーモ」から6月13日に発表された。2022年中に日本国内、2023年には欧州でそれぞれ発売を予定している。現在、「株式会社 ストリーモ」のStriemo Japan Launch Edition限定モデルを26万円で先行販売抽選申込みを受付中だ。

●文:月刊自家用車編集部

独自のバランスアシスト機構で転びづらく安定走行が可能

1人乗りの電動三輪マイクロモビリティ「ストリーモ(Striemo)」 [写真タップで拡大]

「株式会社 ストリーモ」は、ホンダの新事業創出プログラム「IGNITION(イグニッション)」から生まれたベンチャー企業として2社目となる。そこから誕生した1人乗りの電動三輪マイクロモビリティ「ストリーモ(Striemo)」は、0.1mm単位で重心バランスを計算した緻密な設計と、独自のバランスアシスト機構を搭載し、ゆっくり歩くようなスピードから自転車程度のスピードまで、転びづらく安定した走行が可能という。

1人乗りの電動三輪マイクロモビリティ「ストリーモ(Striemo)」 [写真タップで拡大]

「ストリーモ(Striemo)」の特徴としては、本来人が持っている自然な反応を活かした世界発の「バランスアシストシステム」により、停止時も自立。極低速から快適な速度まで転びづらく安定した走行を可能にしている。また石畳やわだち、傾斜している進行方向でも姿勢を乱しにくく、乗員は走行時のバランス取りの不安を低減できるという。さらにふらつきにくく、足をつかずに停止できるため、車道の走行速度だけでなく歩行速度での移動でも歩行者やほかの車両とも互いに安心して走行できるとのこと。

1人乗りの電動三輪マイクロモビリティ「ストリーモ(Striemo)」 [写真タップで拡大]

1人乗りの電動三輪マイクロモビリティ「ストリーモ(Striemo)」 [写真タップで拡大]

株式会社 ストリーモ 代表取締役 森 庸太朗氏は、「移動することの楽しさの一つに発見や出会いがあります。これをより多くの人に体験してもらいたい。誰しもが靴を履いて出かけるように、自然体で動き出せる、そんな移動手段をつくれないだろうかとStriemoを開発しました。Hondaでの二輪開発で培った『人研究』のノウハウを生かし開発した、新しいモビリティです。Striemoが世界中で人々の生活の中に当たり前にあるモビリティの一つになり、人々が自由な移動を楽しめる豊かな世界をつくっていきます」とコメント。

株式会社 ストリーモ 代表取締役 森 庸太朗氏 [写真タップで拡大]

さらに、本田技研工業株式会社 執行役専務 IGNITION審査委員長 青山 真二氏は、「Hondaにはチャレンジ精神を持った従業員が数多くいます。今回、『すぐにでも人の役に立ちたい、社会に貢献したい』という熱い想いを持つ森さんに、起業という新たなチャレンジによってその想いを実現してもらうべく、HondaもIGNITIONを通じて支援していきます。そして、これからもオープンイノベーションを加速し、事業開発の新しい風を起こしていきます」と語っている。

1人乗りの電動三輪マイクロモビリティ「ストリーモ(Striemo)」は、6月13日よりWEBサイトにて「Striemo Japan Launch Edition限定モデル」を26万円で先行販売抽選を受付中だ。現行法規における一種原動機付自転車扱いとなり、免許、ヘルメット、ナンバー登録、自賠責保険が必要になる。

■ストリーモ主要諸元
●全長・全幅・全高:1090mm・480mm・1180mm
●重量:約20kg
●最高時速:25km/h
●走行モード(3モード):1) 6km/h、2) 15km/h、3) 25km/h
●1充電での走行距離:30km(郊外実測値。走行方法により異なる。)
●フル充電にかかる時間:約3.5時間
※現行法規における一種原動機付自転車扱いとなり、免許、ヘルメット、ナンバー登録、自賠責保険が必要になる。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報