新型「ステップ ワゴン」発売1ヵ月で約2万7000台を受注。ハイブリッドが67%、スパーダ&ホワイトパールに人気集中!!

6月27日にホンダが新型「ステップ ワゴン」の受注状況について発表した。累計の受注台数は、約1ヵ月となる6月27日の時点で2万7000台を超えて、月間目標販売台数(5000台/月)の5倍以上となる好調なスタートとなった。

●文:月刊自家用車編集部

購入ユーザーは30代から40代のファミリー層が中心

購入層は先代ステップ ワゴンからの買い替えユーザーを含めてミニバンユーザーを中心に、30代から40代のファミリー層が中心で、「日常シーンのほとんどをモーターで走行し、低燃費で滑らかな走りを実現する2モーターハイブリッドシステムe:HEV(イーエイチイーブイ)」、「シンプルで誰にでも似合うようなエクステリアデザイン」、「車両間隔をつかみやすい視界と、乗り物酔いをしづらくする水平基調の室内空間や多様なシートアレンジ」が評価されているとのこと。

1.5Lガソリンターボエンジンとハイブリッドの「e:HEV」の構成比率はガソリンが33%、「e:HEV」が67%とハイブリッドの「e:HEV」が圧倒。グレード比率については、スポーティなスパーダが85%、AIRが15%となっている。

さらにグレード別比率を細かく見ると、e:HEVのスパーダが35%と1位。その次にe:HEVのスパーダプレミアムラインが続く。さらに3位には1.5Lガソリンターボエンジンのスパーダが続き、上位3位をいスパーダ系が占めるという状況だ。

人気ボディカラーは、AIR、スパーダ、スパーダプレミアムラインともにプラチナホワイト・パールに集中し、2位にはスパーダ、スパーダプレミアムラインがクリスタルブラック・パール、AIRはフィヨルドミスト・パール が入っている。3位はスパーダ、スパーダプレミアムラインがトワイライトミストブラック・パールで、AIRはクリスタルブラック・パールという状況だ。

しかし、さまざまな要因で納車の遅延が発生しており、ホンダはプレスリリース内で「昨今の新型コロナウィルス感染拡大影響や慢性的な半導体不足、および不安定な海外情勢等の複合的な要因により、Honda製品のお届けに遅延が発生しております。製品の到着を心待ちにしていただいているお客様には、大変ご迷惑をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます。不透明な状況が続いておりますが、生産への影響の最小化に引き続き努めてまいりますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。」とコメントしている。

■新型ステップワゴンガソリン/e:HEV 別構成比
・ガソリン:33%
・e:HEV:67%

■新型ステップワゴンタイプ・グレード別構成比(人気グレード)
1位スパーダe:HEV:35%
2位スパーダプレミアムラインe:HEV:24%
3位スパーダガソリン:20%
4位AIRe:HEV:8%
5位AIRガソリン:7%
6位スパーダプレミアムラインガソリン:6%

■人気ボディカラーベスト3
・ステップ ワゴンスパーダプレミアムライン
1位プラチナホワイト・パール: 50%
2位クリスタルブラック・パール :26%
3位トワイライトミストブラック・パール: 13%

・ステップ ワゴンスパーダ
1位プラチナホワイト・パール :46%
2位クリスタルブラック・パール: 28%
3位トワイライトミストブラック・パール: 12%

・ステップ ワゴンAIR
1位プラチナホワイト・パール: 41%
2位フィヨルドミスト・パール :29%
3位クリスタルブラック・パール:15%


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報