スズキ「クロスビー」が一部改良。新デザインのグリルやアルミホイールで外観をリフレッシュ


クロスビー HYBRID MZ

7月13日、スズキ株式会社はコンパクトSUV「クロスビー(XBEE)」の一部改良を発表した。フロントグリルやアルミホイールのデザインを変更。利便・快適装備も充実させている。発売は8月10日から。車両本体価格は184万300円〜224万5100円。

●文:月刊自家用車編集部

ハニカムから横基調デザインのグリルに変更。16インチアルミも切削加工の新デザインに

クロスビー HYBRID MZ [写真タップで拡大]

クロスビー HYBRID MZ [写真タップで拡大]

今回の一部改良では、フロントグリルのデザインを変更。これまでハニカムデザインのブラックグリルだったが、横基調のメッキフロントグリルとなっている。また、16インチアルミホイールは、ブラック塗装のものから切削加工の新デザインに変更された。

クロスビーボディカラーバリエーション [写真タップで拡大]

ボディカラーも「メロウディープレッドパール」と「ミネラルグレーメタリック」、ルーフカラーに「メロウディープレッド」 と「ミネラルグレー」を新採用した全13色のラインナップとなる。

クロスビー HYBRID MZ [写真タップで拡大]

クロスビー HYBRID MZ [写真タップで拡大]

インテリアでは、シートカラーアクセントやシートパイピングのカラーに「レディッシュブラウン」を採用したほか、新たにラックススエード&ブラウンレザー調のシート表皮、ブラウンメタリックのインパネカラーパネルとドアトリムカラーパネル、ブラックレザー調のドアトリムクロス(フロントドア・HYBRID MXは除く)を採用した「ブラウンアクセントパッケージ」をメーカーオプション(3万8500円)で「HYBRID MZ」に設定した。

レディッシュブラウンアクセント [写真タップで拡大]

ブラウンアクセントパッケージ [写真タップで拡大]

ブラウンアクセントパッケージ [写真タップで拡大]

ブラウンアクセントパッケージ [写真タップで拡大]

加えて利便・快適装備もバージョンアップしている。一部改良前は「HYBRID MZ」のみに装備されていたフロントドアのプレミアム UV&IR カットガラスや IR カット機能付フロントガラスが「HYBRID MV」にも装備され、インパネ中央部にはUSB電源ソケット(Type-A1個、Type-C1個)が「HYBRID MZ」、「HYBRID MV」に追加された。

フロントドアのプレミアム UV&IR カットガラス/ IR カット機能付フロントガラス [写真タップで拡大]

USB電源ソケット(Type-A1個、Type-C1個) [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報