米国日産、フルサイズピックアップトラック・タイタンの2023年モデルを発表

現地時間の8月11日、米国日産はフルサイズピックアップトラック・タイタンの2023年モデルを発表した。先進安全装備や快適利便装備をバージョンアップしている。車両本体価格は39,700ドル(日本円で約529万円・8月11日時点での為替レートで換算)から。

●文:月刊自家用車編集部

Crew Cab SVによりアグレッシブな外観となるミッドナイト エディション パッケージを用意

[写真タップで拡大]

日産タイタンは、米国日産が販売するフルサイズピックアップトラック。初代モデルは2003年に登場し、2代目となる現行型は2015年から販売されている。パワートレーンは最高出力400hp/最大トルク560Nmを発生する5.6LV8エンジンと9速オートマチックトランスミッションの組み合わせだ。

[写真タップで拡大]

2023年モデルは、「King Cab」、「Crew Cab」、ヘビーデューティーモデルの「TITAN XD 4×4」をラインナップする。6つの先進運転支援システム「Nissan Safety Shield 360 テクノロジー」を標準装備とし、日産コンシェルジュ(要加入、別売)も用意され、ボタンを押すだけで24時間体制でアシスタントを利用することができる。さらに12 スピーカー (Crew Cab)を備えた Fenderプレミアム オーディオ システムと、インテリジェントアラウンドビューモニターも用意されている。

[写真タップで拡大]

また、「Crew Cab SV」には新たにミッドナイト エディション パッケージを設定。ブラッ クのエクステリアおよびインテリアトリム、ブラックの20インチホイールなどを装備し、エクステリアをさらにアグレッシブな印象となる。「PRO-4X」と「Platinum Reserve」グレードには、Apple CarPlayのワイヤレス接続が可能となった。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報