SUBARU新型クロストレックの”自由な走りを体感!!”

  • 2023/06/27 18:26
  • BRAND POST[PR]: SUBARU

スバルのエントリーモデルに位置するコンパクトSUVが、スバルXVからクロストレックに生まれ変わった。呼称とともに走りも刷新され、従来以上の快適性や充実した先進安全&運転支援機能を獲得。いつでも、どこへでも行ける、行きたくなる——そんな新型クロストレックの走りにあらためて注目した。

●文:川島茂夫 ●写真:長谷川徹 ●BRAND POST提供:スバル

運転ストレスをなくして心のおもむくままに

SUVを選ぶ意義、という問いの答えは決まっている。スタックしたりクルマを傷つけたくないからハードな悪路には踏み込まない。でも引き返したちょっと先に面白いものや景色があったらもったいない。また、林道を辿って秘湯の宿へ、というのもいい。知らない場所の知らない感動や楽しさを求めるからこそSUVなのだ。

モデルチェンジを機にクロストレックに車名を変更したが、スバルXVから基本コンセプトは変わっていない。インプレッサと基本ボディシェルを共用したSUVである。キャビン周りはプレミアムコンパクト相応でユーティリティはショートワゴン相応であり、日常用途から長距離ドライブまで馴染みのよい実用性はインプレッサ譲り。ほどよい座面地上高設定もあって、乗降姿勢は一般乗用車やミドルSUVよりも楽である。

悪路踏破性の目安となる最低地上高はクラス最大級の200mm。4WDシステムは悪路状況別の2モードを備えたX-MODE付アクティブトルクスプリットAWDである。おかげで大抵は「まだ知らない感動」に辿り着けるはずだし、これで踏破できない状況は自動車進入不可として諦めもつく。

これだけ悪路に強い設計ながらオンロードでの走りがいいのがクロストレックであり、SUVカテゴリー内での強みでもある。

SUV一般に対して重心や全高、着座地上高などの物理的条件でクロストレックが有利なのも利いているが、それ以上に感じるのは「進化」である。初期の回頭反応にしても旋回力の立ち上げにしても、操舵から時間差なく立ち上がるが増加は緩やか。ドライバーにとっては安心感や修正操舵頻度の減少になるし、同乗者にとっては予兆感があるから不意の挙動に身構える必要がない。e-BOXERのドライバビリティも同様の傾向にあり、電動アシストを上手に使って応答は素早く加減速の反応は穏やかに、というタイプ。

このフットワークにこのドライバビリティあり! で、先が見通せないコーナーで探るような運転をしても、精神的肉体的ストレスは最小で済む。クルマ全体が人に優しいファントゥドライブでまとまっている感じなのだ。

肉体的精神的なストレス軽減という意味ではコアテクノロジーとセーフティプラスを備えたアイサイトの効果も大きい。長駆レジャーで目的地に着いたら疲れて遊ぶ気が失せた……なんてことにならないための心強い味方である。未知の場所、未知の楽しみのために。クロストレックはそんな好奇心を刺激してくれるのだ。

SUBARU クロストレック リミテッド(AWD)

価格:328万9000円
ボディカラー:オアシスブルー(3万3000円高)
■主要諸元(オプションを含まず) ●全長×全幅×全高:4480×1800×1575mm ●ホイールベース:2,670mm ●最低地上高:200mm ●車両重量:1,610㎏ ●駆動方式:常時前輪駆動 ●パワートレーン:1,995㏄水平対向4気筒DOHC直噴(145PS/19.2㎏・m)+モーター(13.6PS/6.6㎏ ・m) ●トランスミッション:リニアトロニック(CVT) ● WLTCモード燃費:15.8㎞ /L ●最小回転半径:5.4m ●タイヤサイズ:225/55R18(オールシーズンタイヤ)

SUVらしいアグレッシブさを感じさせるデザインは好評だった先代モデルの流れをくむもの。タイヤはグレードにより17インチまたは18インチ(写真)で、いずれもオールシーズンタイヤを装着している。ルーフレール装着車の全高は+5mmの1,580mmとなる。

視認性と操作性を磨いた機能的なコックピットはカーボン調のパネル加飾でスポーティな仕立てだ。11.6インチのセンターインフォメーションディスプレイはリミテッドに標準装着、ツーリングにはオプションで設定。

フロントシートは医学的アプローチで新設計。全席にシルバーステッチを施し、オプションで本革シートも用意される。後席USB端子(Type-A/Type-C)の標準装備など装備も充実。

ホイールハウス間のフロア幅は1,090mmで荷室高は708mm、開口部最大幅は1,042mm。荷室容量は315L(VDA法)。カーゴランプやカーゴフックを備え、使い勝手も上々だ。

ピックアップ! スバルのテクノロジー

■SGP(スバルグローバルプラットフォーム)
フルインナーフレーム構造や構造用接着剤の積極採用により剛性アップ。ドライバビリティや快適性の向上に大きく貢献している。

■e-BOXER
2Lの水平対向ボクサーエンジンにモーターとリチウムイオン電池を加え、動力性能と燃費性能という相反する要件を両立させている。

■アイサイト
緊急回避の操舵アシストなど最新機能を搭載。広角単眼カメラを加えたシステムを国内初採用し、認識の範囲と精度が向上している。

※提供:スバル ※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。