「シボレー カマロ」が 一部エクステリアカラーの変更および価格を改定

●文:月刊自家用車編集部

デリバリーは2022年9月開始を予定

ゼネラルモーターズ・ジャパン(株)は、「シボレー カマロ」の2023年モデルを、一部のボディカラーの変更と同時に価格を改定し全国のシボレー正規ディーラーネットワークで2022年5月26日から販売を開始した。

クーペ2モデル(LT RS/SS)のボディカラー5色の、サテンスチールグレーメタリックをシャドーグレーメタリックに変更。コンバーチブルのボディカラー3色の変更はない。デリバリーは2022年9月開始を予定している。

●シボレーカマロ新車両本体価格
シボレーカマロ LT RS:589万円
シボレーカマロ コンバーチブル:679万円
シボレーカマロ SS:749万円


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報