程よく便利でメチャクチャかっこいい!話題のバンライフブームの先駆け『SEDONA』シリーズに新モデル「SUNRISE」が登場

ワークヴォックスは、昨今のバンライフブームの先駆けとなった『SEDONA』シリーズの最新モデル「SUNRISE」を発表した。トヨタ・ハイエースをベースとした乗車定員数6名のモデルとなっている。

●文:月刊自家用車編集部

小さくても豊かな空間、これぞバンライフ

『SEDONA』はキャンピングカー、モバイルオフィス(移動事務車輌)、福祉送迎車両など、日々の暮らし、アソビ、仕事など様々なシーンで活躍するクルマの架装デザイン、開発、生産を行っているワークヴォックスが、バンライフというライフスタイルをコンセプトとして立ち上げたオリジナルブランドだ。

今回発表された最新モデル「SUNRISE」だが、2023年2月3日(金)~2月6日(月)にかけて幕張メッセで開催されるジャパンキャンピングカーショー2023にて初公開が決定している。

[写真タップで拡大]

「SUNRISE」は『SEDONA』シリーズでも屈指の人気を誇る「LAKESIDE」モデルのデザインコンセプトと「type III」の使い勝手を融合した、乗車定員数6名の最新モデルとなっている。「天井一面には本物の無垢材を採用し、こだわりのアイアン材と白基調の落ち着いたデザインのオリジナル家具には電源設備付きミニテーブルが設置されており、スマートフォンやタブレットを立て置きしたり、お好みのデコレーションや飾りつけで楽しむことができる。ちょっとした小物を入れることができる扉付き収納スペースも用意するなど、実用性にもこだわっている。

[写真タップで拡大]

『SEDONA』シリーズの中では、最もミニマルに仕上げたモデルとなっており、右後方の家具、そしてオリジナルパインを贅沢に使った天井仕上げなどスペースの活用も流石だ。バタフライシートをセカンドシートに採用することで、車内空間を最大限に活かしたベッドスペースが目の前に広がり、大人も子どももワクワクする開放感が大きな特徴となっている

[写真タップで拡大]

USBポートを標準装備し、オプションのサブバッテリーやインバーターを選択すれば、より充実した社内空間を作ることができる。(※電圧計、DC12Vソケットはオプションのサブバッテリーシステムを選択する必要があり。※100Vコンセントはオプションの正弦波350Wインバーターを選択する必要があり。)

[写真タップで拡大]

対面で座れるダイネット、車内が広大なベッド空間になるベッドモード、より多くの荷物やギアを収納できるトランスポートモードなど、アソビ、日常での使用などシーンによって様々なモードに切り替えることができるのも特徴だ。

ダイネットモード [写真タップで拡大]

ベッドモード [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

トランスポートモード

ジャパンキャンピングカーショー2023にで『SEDONA』全4モデルが登場する予定だ。実際の車両は会場で体感できる。

ベースはトヨタ ハイエース DX

●名称・仕様:トヨタ ハイエース DX ロングバン・標準ボディ・標準ルーフ・標準フロア (2WD/4WD) ●全長:4,695mm x 全幅 1,695mm x 全高 1,980mm ●登録: 4ナンバー(小型貨物)●乗車定員:6名

装備品一覧

●リヤ全面床張り , リヤ全面重歩行用ポンリューム仕上げ ●ステップポンリューム張り (L,R) アイアンエッジ含む ●天井オールウッド (オリジナルパイン) ※天然木使用 ・フロア埋込ロングスライドレール ●REVO シート ST 型 1400mm 幅フラット Lowタイプ●SEDONA SUNRISE リヤローポジション家具 ●SEDONA SUNRISE フルフラット用リアマット× 6 ●シューズボックス ●トリムボード ウッド調パネル ( ホワイトウッド ) ●LED ダウンライト× 6 ●クォーターフィックスウィンドウ (L/R)(ボディ同色塗装 & 断熱材施工)●フィックスウィンドウインナーパネル (L/R) ●USB ポート


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報