ディスプレイオーディオって実はコスパ抜群! 9インチの大画面にスマホの画面をそのまま映し出せる【carrozzeria】

カロッツェリアの最新ディスプレイオーディオ。フローティングスタイルの9型ディスプレイを搭載し、大画面ながら多くの車種に装着ができる。Android Auto、Apple CarPlayに対応しAV一体型ナビのような使い心地を実現している。

●文/写真:浜先秀彰 ●まとめ:月刊自家用車編集部

スマホをUSBで接続すればすぐ使える

「クルマで移動する際にもスマホを活用している」、そんな人にぜひ注目してほしいのが「ディスプレイオーディオ」だ。名前の通りディスプレイを備えたカーオーディオだが、スマホを組み合わせて使うことで機能や使い勝手がグンとアップ。純正装着する車種もここ数年で急激に増えてきている。

カロッツェリアでは以前よりディスプレイオーディオをラインナップして好評を得ていたが、今回新たに「DMH-SF500」がリリースされた。

1DINサイズ(カーオーディオ1台分)の本体にフローティングスタイルの9型SVGAディスプレイを搭載しており、多くの車種に装着が可能なモデルだ。タッチキーを備えたフルフラットのフロントパネルは高級感たっぷりで、映像も明るく鮮やか。静電式タッチパネルはレスポンスに優れているのも特徴だ。

ディスプレイ背面はピアノブラック仕上げで、「carrozzeria」のロゴが刻まれている。

1DINサイズボディにフローティングスタイルの9型SVGAディスプレイを組み合わせる。

AndroidスマホやiPhoneなど手持ちのスマホを接続すればAV一体型ナビと同様に使える。

本体にもラジオやBluetoothオーディオ、音質調整などの機能を備えているが、基本的にはスマホをUSB接続して使用するタイプとなっている。Androidの場合は「Android Auto」、iPhoneの場合は「Apple CarPlay」というアプリが自動的に立ち上がり、スマホに収録されている対応アプリを音声やDMH-SF500のタッチパネルで操作することが可能。

メニューから天気情報のアイコンにタッチすると、ウェザーニュースの情報音声が流れる。

ストリーミング音楽アプリも利用ができる。これはSpotifyでのメニュー画面。

また、ナビアプリを利用すればカーナビのようにも使え、オーディオアプリを利用すればスマホに収録した曲やストリーミング再生した曲を楽しめる。メッセージの送受信、音声による情報の読み上げなども行ってくれる。

このモデルでは国内市販モデルとして初めて「Web Link」が利用でき、対応アプリをそのまま画面に映し出してコントロールすることが可能となっている。なお、通信を行うアプリを使用する場合には通信量が多くなるため、データ容量の大きな契約プランや同社の「車載Wi-Fiルーター DCT-WR100D」などを活用すると良いだろう。

Web LinkでYouTube映像はこのようにミラーリング視聴できる。タイムラグも少ない。

Web Link対応アプリをタッチ操作で使用できる。接続にはWi-FiとBluetoothを利用する。

created by Rinker
カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)
¥21,580(2024/03/04 17:48:02時点 Amazon調べ-詳細)

新車購入を検討しているのならば、カーAVユニットはカーナビだけでなくディスプレイオーディオという選択も考えてみては?

ニーズに合わせて選べるラインナップ

created by Rinker
カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)
¥93,526(2024/03/04 17:48:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)
¥48,318(2024/03/04 17:48:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)
¥35,382(2024/03/04 17:48:04時点 Amazon調べ-詳細)

※本記事の文責は当該執筆者(もしくはメディア)に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。