大事なクルマパーツだからこそこだわりたい! 保管する際に気を付けたい3つのポイント

クルマの部品はそのまま放置しておくと錆が発生して再使用できなくなることも……。それゆえ取り外した部品を保管しておく時には、きちんとした処理が必要。最適なケミカルを正しく用いれば、コスパ良く最良の状態を維持することができる。今回は覚えておきたい3つのポイントを紹介しよう。今回は呉工業から発売している防錆剤3-36を使用した。

●文:オートメカニック編集部

ポイント1
【汚れと錆をしっかり落とす】

油汚れが付いたままの方が錆びにくいという意見もあるが、そんな状態では防錆剤の効果をフルに発揮することができない。さらにグリス類は古くなると変質して硬化してしまうため、部品のスムーズな動きをスポイルしてしまう可能性もある。

しっかりと汚れを除去した後に防錆剤を使えば、部品の良い状態を長期間維持することができる。可動部分に関しても使用するときにグリスアップすれば問題ない。

油汚れの上にホコリが堆積して、全体的に汚れてしまったエンジン。湿気のせいでホコリがこびり付いてしまい、カビまで生えてしまった。そこでクリーナーをスプレーしてブラシでゴシゴシ。錆の酷かったプーリーは錆び取り剤でしっかり錆を除去しておく。 [写真タップで拡大]

長期間保管しているとグリスが硬化して除去するのが大変になることもあるので、ベアリングのグリスもしっかり落としておきたい。 [写真タップで拡大]

ポイント2
【防錆処理と注油】

部品の汚れを落としたら、防錆剤をスプレーして防錆処理を行う。3-36 はスプレータイプなので、全体に満遍なくスプレーできて便利。金属以外のパーツには防錆剤が付かないように注意しつつ、少し光沢が出るくらい塗布した。なお3-36 には潤滑効果もあるので、回転部や動作部に使用してまったく問題なし。

[写真タップで拡大]

エンジン全体に防錆剤の3-36をスプレー。浸透力も高いので、スプレーするだけで防錆被膜を形成して腐食を防止してくれる。樹脂パーツやゴムパーツにはかからないように注意しよう。

[写真タップで拡大]

ワイヤー類を保管するときは、ワイヤーインジェクターを使ってアウターケーブル内に注油しておく。

[写真タップで拡大]

3-36 には清浄効果があるのでちょっとした汚れならばスプレーするだけで落とすこともできる。ギヤやベアリングなどにも躊躇なく使うことができることも魅力だ。

[写真タップで拡大]

ECUやリレー類など、電装パーツを保管するときには、端子部分が腐食しないように、汚れや水分などを除去してから、接点復活剤をスプレーしておく。

ポイント3
【防湿して保管する】

長期間錆を発生させずに保管するために、できる限り湿気や水分をシャットアウトしたい。小さいパーツならタッパーやファスナー付きの食品保存バッグなどに入れて保管するのがいいだろう。このとき、防錆剤を含ませたペーパーウエスで包んでおくと防錆効果を長持ちさせることができる。また、市販の防錆紙などもあるので、それらを利用して保管するのもいいだろう。

小さいパーツを保管する際には、ペーパーウエスに防錆剤を含ませ、これで包んでおく。ジッパー付きのビニールバッグに入れておけば、水分や湿気をシャットアウトできる。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

包んでおくことで防錆効果のある防錆紙も市販されている。サイズも各種あるので大きな部品にも使用できる。ただし、防錆効果は1年ぐらいなので、定期的に交換が必要。

[写真タップで拡大]

防錆剤の3-36はパーツクリーナーやブレーキクリーナーで簡単に落とすことができるので、ブレーキ周りなどの部品に使っても、使用前に除去すれば問題ない。

工具の防錆にも注意が必要

工具を雑に使っていると、いつのまにか錆が付着していることも。特にニッパーやラジオペンチは水回りで使うことも多い工具。油断していると真っ赤に錆びて動きが悪くなることもありえる。定期的にしっかり汚れを落として、防錆&潤滑をしておくことをオススメしたい。

[写真タップで拡大]

まずはパーツクリーナーで汚れ落とし。樹脂類にも使えるタイプを使用すれば、ペンチやドライバーなどの樹脂部分の汚れを落とすこともできて便利。

[写真タップで拡大]

錆の酷いツールは錆び取り剤を使い、錆と汚れを除去。ペンチやニッパーなどは可動部にグリスを注油してスムーズに動作するようにしておいた

[写真タップで拡大]

金属部分には3-36を薄く塗り込んでからツールボックスに収納する。定期的にこの作業をしておけば、ツールが錆びることなく、快適に使うことができるはずだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報